ホーム > 蛍の光を観賞できる、里山&公園スポット

ここから本文です。

~にいがた夏の風物詩~ホタル舞う、風薫る夏の夕べ

冬の間に降り積もった雪が、豊かな自然を流れる清らかな水の源となり、2つの大河をはじめとする多くの川が、新潟を隅々までうるおします。日本の夏の風物詩でもある蛍には、このきれいな水が欠かせません。県内には、数多くの蛍観賞スポットがあります。いずれの地域も美しい自然と水が、蛍の生育に適した環境を作り出しています。若草の香る夏の夜、星空をバックに飛翔する蛍たちの幻想的な光景。自然を大切にする地域の取組とともに、その魅力をご紹介します。

可憐な光を愛でる、温泉街の夕涼み

新潟市西蒲区:冬妻ほたるまつり

岩室温泉の神社から小川の流れる山道を進めば、蛍達が舞う別世界に。温泉街を挙げて十数年の環境づくりを行い、たくさんの蛍が生息するスポットとなりました。ほたるまつりの期間中には、地元の小学生と中学生を中心に作った灯籠を川に流す「矢川灯籠流し」や、「ホタルと野外コンサート」などのイベントも開催予定。趣ある温泉街と蛍の舞う里山で、夏の夜の情緒を満喫できます。

[所在地] 新潟市西蒲区岩室温泉
[観賞期間] 6月中旬~7月上旬
[駐車場] 有り
[問い合わせ先] 0256-82-5715(岩室温泉観光協会)

詳細をみる

岩室温泉ほたるの会会長・岡崎 昭さん

岩室温泉はもともと自然が豊かなところです。背後の天神山には戦国時代の山城があり、その水源(ひょうたん池)から流れる水と里山の環境が蛍を育みます。昼間は山城、夜は蛍、朝には同時期に咲くバラ園も楽しめます。灯籠流しのイベントは、山から伐採した木材を使った灯籠に、地元の小中学生たちが思いを込めて手作りし、蛍に見立てて川に流しています。風情あふれる光景ですよ。

のどかな田園を舞う、やわらかな灯り

南魚沼市:大月ほたるの里・大月ほたるまつり

直江兼続ゆかりの坂戸山近く、約2,000平方メートルもの広大な休耕田を利用し、蛍を養殖しているほたるの里。30年以上もの間、地域で里山環境を守り続け、毎年約2万人が訪れるようになりました。見どころは、背後に杉林が広がる里山の自然のなか、宵闇に飛び交う無数の蛍の光。毎年6月下旬には「大月ほたるまつり」が開催され、スタッフの解説を聞きながら蛍を観賞することができます。ゲンジボタルとヘイケボタルを同時に見られる、県内でも珍しいスポットとして知られ、周囲に広がる田園風景とともに、ほっと心が和む時間を過ごせます。

[所在地] 南魚沼市六日町大月地区
[観賞期間] 6月中旬~7月中旬
[駐車場] 有り
[問い合わせ先] 025-773-6665(南魚沼市商工観光課)

詳細をみる

NPOホタルの会 大月支部会長・青木卓三さん

蛍には、豊かな水が欠かせません。ほたるの里では水路を引き、棚田のため池とあわせてすみかを作っています。また、地域の中学生も参加して水路や園内の清掃を行い、餌になるカワニナの放流のほか、地元蛍を養殖しているので、毎年安定した数の蛍が飛翔します。ほたるの里が道路に隣接しているので、夜でも安全に観賞できますよ。

花菖蒲に点る、ホタルの温かな光

三条市:しらさぎ森林公園

広い敷地内に遊具や展望台、散策道がある、憩いの場として親しまれている公園で、初夏には蛍の観賞会が行われます。地元企業や市民が中心の保全活動で環境が保たれており、6月中旬から7月上旬までは約2万本のハナショウブとともに、水辺に渡された散策路から蛍が飛翔する姿を観賞できます。散策道にはあずまやがあり、蛍の光を眺めながら静かなひと時を過ごせます。蛍飛翔の期間中には、蛍を観賞しながらクイズを楽しめるイベント「ホタルDeウォッチング」なども行われます。

[所在地] 三条市矢田727
[観賞期間] 6月中旬~
[駐車場] 有り
[問い合わせ先] 0256-34-5511(三条市営業戦略室)

詳細をみる

にいがた里山研究会理事長 小林良範さん

蛍にはきれいな小川と田んぼ、林というような、里山の環境が適しています。しらさぎ森林公園はもともとこの条件がそろっていましたが、飛翔時期に夜間照明を落としたり、水路の除草時期をずらすなど、公園の管理者と相談しながら環境作りを行っています。また、にいがた里山研究会ではホタル観察会などをとおして、みなさんに里山の大切さをご紹介しています。

無数の光が飛び交う、なつかしの棚田

上越市大島区:仁上ほたる見台・ほたる公園

棚田のある里山を舞台に、地元の有志が取り組みを始めて約30年、大島区の夏のイベントとして知られるようになった「ほたる祭り」。緑が香る、爽やかな風が吹き抜ける初夏の夜、懐かしい棚田周辺の夜空に多くの蛍が舞います。仁上(にがみ)地区では、蛍のためにより良い環境を作ろうと、公園や水路などが整備されており、蛍の観賞スポットである「ほたる見台」も地域住民の手作りです。新潟県ホタルの会が認定する「ホタル保護指導員」の資格を持つ人も多く、まつりの期間中はボランティアガイドとして蛍の解説を行っています。

[所在地] 上越市大島区仁上
[観賞期間] 6月上旬~7月上旬
[駐車場] 有り
[問い合わせ先] 090-4013-6928(仁上ほたるの会)

詳細をみる

仁上ほたるの会会長・上野良八さん

仁上の里山は、蛍の生息に適した環境を維持するため、地元みんなで取り組んでいます。有志による除草や水路の管理、餌の放流をはじめ、大島小学校では観察会のほか、奉仕活動として公園内の清掃なども行っています。公園内では、ゲンジボタルの乱舞のほか、ヘイケボタルもたくさん見ることができますよ。イベントは22日間と長いので、ぜひお越しください。

ページの先頭へ戻る

  • サイトマップ
  • お問合せ
  • 資料請求
  • サイトポリシー