ホーム > 新潟の宿・温泉・日帰り入浴 > 妙高・上越エリアの温泉地

ここから本文です。

温泉地

新潟県は、温泉地の数が全国で3番目に多く、名湯・秘湯として伝統ある温泉や、地元で親しまれ続けてきた温泉、旅行やレジャーの帰りに気軽に立ち寄れる日帰り温泉施設など、多彩な温泉地があります。極上の気分に浸れる、魅力ある温泉をご紹介します。

  • 村上・新発田エリア
  • 新潟・阿賀エリア
  • 弥彦・三条エリア
  • 長岡・柏崎エリア
  • 湯沢・魚沼エリア
  • 妙高・上越エリア
  • 佐渡エリア

エリアを選ぶ

妙高・上越エリア

県下1~2位の湧出量を誇るなど多彩な温泉が集うエリア。上杉謙信の隠し湯として知られる関温泉や、開湯以来多くの文人や名士が訪れている赤倉温泉など、歴史が息づく温泉地があります。

鵜の浜温泉 上越市

美しい日本海に臨む静かな松林の中にある温泉です。海岸沿いに旅館や民宿が並び、夏には県内外から海水浴やマリンスポーツを楽しむお客様で賑わいます。例年春と秋に行われる観光地引網は、家族連れのお客様に好評です。周辺にはキャンプ場やアスレチックなどレジャースポットも満載です。

関温泉 妙高市

標高約1,000メートルの妙高山麓の中腹に位置し、上杉謙信の隠し湯として知られる温泉。享保13年(1716年)に本格的に開湯したと伝えられています。鉄分を含むため、お湯の色は赤く濁っているので、温泉好きの方にはぜひおススメしたい温泉です。神経痛・皮膚病・やけど・婦人病などに効きます。夏は登山、秋は紅葉、冬はスキー・スノーボードと四季を通して楽しめる温泉地です。燕温泉とともに国民保養温泉地としても指定されています。

燕温泉 妙高市

妙高山周辺では、最も標高の高いところにある温泉。標高1,100メートルに6軒の温泉宿が軒を連ねており、妙高山登山の東側の入口となっています。なんともノスタルジックで風情のある温泉地です。温泉街の先、妙高山登山口付近には「黄金の湯」と「河原の湯」という人気の無料露天風呂があります(冬季は閉鎖)。大自然に抱かれての入浴は、実に爽快です。ぜひ一度はお越しください。

赤倉温泉 妙高市

白樺林といもり池を中心に眺望が良く、避暑地にも適しているため、多くの寮や保養所、ペンションが建っています。特にいもり池は、約10万株といわれるミズバショウの大群生が咲きほこる春から秋の紅葉まで自然を存分に堪能できます。ハイキング、スキーやスノーシューなど多彩なスポーツを大自然の中で満喫できます。源泉は妙高山南地獄谷で湧出量は県下2位です。

池の平温泉 妙高市

1816年(文化13年)の開湯以来、多くの文人、名士が訪れていることで有名な温泉地。尾崎紅葉、与謝野晶子、なかでも日本近代美術の父といわれる岡倉天心は、赤倉をこよなく愛し、別荘を建てたこの地で晩年を過ごし永眠しました。旅館や土産物屋が軒を連ねる昔ながらの情緒あふれる温泉街です。源泉は妙高山北地獄谷で湧出量は県下第1位。「温泉ソムリエ」のいる温泉としても有名です。

新赤倉温泉 妙高市

赤倉温泉と池の平温泉の分岐点に位置しており、白樺やカラマツに囲まれた閑静なリゾート温泉地です。付近には、ゴルフ場、スキー場があります。旅館のほか、個性的なペンションが多いのが特徴です。源泉は赤倉温泉と同じ妙高山北地獄谷で湧出量は県下第1位です。

妙高・上越エリアの温泉地一覧はこちら