ホーム > 新潟の宿・温泉・日帰り入浴 > 弥彦・三条エリアの温泉地

ここから本文です。

温泉地

新潟県は、温泉地の数が全国で3番目に多く、名湯・秘湯として伝統ある温泉や、地元で親しまれ続けてきた温泉、旅行やレジャーの帰りに気軽に立ち寄れる日帰り温泉施設など、多彩な温泉地があります。極上の気分に浸れる、魅力ある温泉をご紹介します。

  • 村上・新発田エリア
  • 新潟・阿賀エリア
  • 弥彦・三条エリア
  • 長岡・柏崎エリア
  • 湯沢・魚沼エリア
  • 妙高・上越エリア
  • 佐渡エリア

エリアを選ぶ

弥彦・三条エリア

鍛冶や洋食器などのものづくりが盛んなエリア。湯治場として300年近い歴史を持つ湯田上温泉や、彌彦神社のお膝元に湧く弥彦温泉郷など、産業の町とともに温泉を楽しむことができます。

湯田上温泉 田上町

開湯はかなり古く、現存する古文書によると元文三年(1738年)に新発田藩から湯治場として許可されていたという記述がみられます。また、地元ではその効能の高さから「薬師の湯」として呼ばれていました。
源泉の井戸は長い歴史の中で何度か変遷しましたが、現在は、平成10年に掘削された源泉を使用しています。泉質は、ナトリウムー塩化物・硫酸塩温泉で、浴用では皮膚病、婦人病、消化器病、神経痛等に効能が優れています。源泉は飲用することもでき、糖尿病、肥満病等にも効果があります。

弥彦温泉郷 弥彦村

越後一ノ宮・彌彦神社のお膝元に湧く弥彦温泉郷は、歴史ある冷鉱泉「観音寺温泉」、湯量豊かな「桜井郷温泉」、そして新たに平成19年11月より給湯が開始された「湯神社温泉」と3つの源泉を有しており、それぞれに異なる泉質を持っています。

弥彦・三条エリアの温泉地一覧はこちら