100年後に地元の料理として残したい。楽しさと驚きが詰まったmade in 上越のフレンチ ジュ・タドー/上越市


2020年12月02日 364ビュー
日本海美食旅(ガストロノミー)プレミアムレストランでは、新潟県の食文化の発信をテーマに、メニューやコースとして料理提供をしている飲食店を紹介しています。日本海美食旅(ガストロノミー)を通じて、その土地の風土や歴史を感じてください!

今日は記念日。さぁ、フレンチレストランに行こう

「日本三大夜桜」として全国に知られている上越市高田城址公園。フレンチレストラン「ジュ・タドー」はそこからわずか徒歩10分の高田本町商店街の中にある。
この地に開業して、今年で12年目。農業や漁師を経験してきた異色の経歴を持つ米谷(よねや)シェフが作り出すのは、フレンチの技法を活かしながら、100年後、地元の料理として残ってほしいという想いが込められた一皿。新潟県産の食材にもこだわった、一期一会の上越フレンチをぜひ味わっていただきたい。
1日4組限定の贅沢なメーンフロア。

新潟に移住したシェフは、今や誰よりも新潟の食が好き

秋田生まれのシェフは今では誰よりも新潟の食材にこだわる。もちろん、フレンチでよく使われるフォアグラ、トリュフなどは本場フランスのものを使うが、それ以外の食材の多くは県内産にこだわっている。シェフ自身で畑を借り、自分サイズの野菜も作っているとのこと。直売所にない西洋野菜などがそうだ。また、旬にはこだわるが、見た目には一工夫。例えば、茄子。そのままで使うことはほぼない。手を加え、お客が口に入れた瞬間に茄子を感じてもらえる、そんな料理にこだわる。
さらに、旬のものはその季節にしっかり加工して保存。そうすることで、他の季節でも旬の味を楽しめるようにしている。
ちなみに、ジュ・タドーのお皿には食べられない飾りの食材はない。すべて美味しく食べられる

次はどんな料理が出てくるのか、そんなワクワク感を大切に

ジュ・タドーは、コースによる料理提供を基本にしている。それは、いろいろなものを食べてほしいというシェフの思いから。最初から最後までどんな料理が出てくるのか、お客にはそんなワクワク感を持ってほしい。
「だって、次に何か出てくるか想像できたら面白くないでしょ?」と米谷シェフ
だから、フレンチでありながらお箸も使う。(右利きの人の場合)右から食べて欲しい料理はお箸で、左から食べて欲しい料理はナイフとフォークで。なんだか、とても納得。

メニュー表を見ながら「次は何?」、そんな想像をするのも楽しいかも

ちなみにこの日のメニューがこちら。
寒風
持続
融合
カクテル
一閃
寒味
玉手箱
淡白
余韻
食後
え~と…「カクテルは確かクックテールが語源で…」「玉手箱はたぶん箱に入ってる?」「食後はデザートで間違いなし!(たぶん)」
後は、分かりません(笑)
日々、こんな感じみたい。お客が想像するのをシェフもある意味楽しみながら、そして、もちろん美味しくコース料理が展開されていく。
その日にしかない食材との出会いが体験できる。

ジュ・タドーコース     5,500円/1名様(税込)
メモリアルデーコース    6,900円/1名様(税込)
プレステージコース     8,800円/1名様(税込)
プラチナメモリアルデーコース9,900円/1名様(税込)

もちろん、ワインにも並々ならぬ思いがある

シャンパーニュを中心にワインや日本酒などを取り揃えている。もちろん、地元「岩の原ワイン」も忘れずに。料理とのペアリングを楽しむ方が多いそうで、その場合はシェフがアドバイス&チョイスしてくれるので、迷ったら気軽に相談してみるのもいいかも。

僕は君のことが本当に好きなんだ…

店名である「ジュ・タドー」はフランス語で、意味は「僕は君のことが好き」。お客に、普段は言えない言葉や思いを、ちょっと気取って、そしてちょっと格好をつけて言うことができる、そんな場所でありたいという思いが込められた店名。ちなみに、頭文字「J」は上越のJでもあるんですって。
だから、来店する方は記念日での利用も多いそう。1年で何日かは全テーブル誕生日を祝うお客で埋まるなんてこともあるとか。
 
上越フレンチ、ぜひ一度訪れてもらいたいレストランの1つです。
ジュ・タドー

ジュ・タドー

新潟県上越市本町3-2-30タカハシビル1F
TEL. 025-526-3091
営業時間/ランチ12:00~14:00(L.O.12:30)
     ※前日までのご予約制
     ディナー18:00~22:00
     (L.O.20:00、ドリンクL.O.21:30)
     ※コース料理は来店2時間前までに要予約
     ※席のみの予約の場合はアラカルト料理となります
定休日/月曜日
    ※貸切等の場合は営業
駐車場/なし
https://jetadore.gorp.jp/

ジュ・タドー

この記事を書いた人
きち長

たびきちのマスター。犬が大好きで猫を飼っている。