のってたのしい列車「きらきらうえつ」で庄内を満喫

1泊2日コース
電車・車
JR新潟駅から庄内エリアへ向かう「きらきらうえつ」は日本海沿いに線路が続き、展望スペースやラウンジで日本海の絶景を存分に楽しめます。庄内エリアに到着したら、酒田市内観光や最上川舟下り、羽黒山に出かけて庄内エリアならではの風景を満喫しましょう。
START
【1日目】
 JR新潟駅から「きらきらうえつ」乗車

1

「きらきらうえつ」乗車:車窓から眺める笹川流れ

日本海を見ながら移動できます
  • 笹川流れ付近を走る「きらきらうえつ」
    笹川流れ付近を走る「きらきらうえつ」

日本海沿いを進む羽越本線に走っている、のってたのしい列車「きらきらうえつ」。日本海の絶景を眺めながらの列車旅は至極の時間に・・・。桑川駅付近、全長11kmにもなる笹川流れは最大のみどころ。荒波の浸食によって作られた迫力ある大きな岩や洞窟が所々に!澄み渡る青い海と白い砂浜のコントラストも最高。茶屋付きのラウンジでは、駅弁や地ビールを楽しみながら日本海の絶景を見ることができちゃいますよ。

※基本的には金・土・日・祝日のみ運行。お盆期間・マリンダイヤなどの例外有り。運休日は特急「いなほ」をご利用ください。

 JR酒田駅下車、車で約5分

2

本間美術館

公益の精神を今に伝える

文化10年(1813)本間家4代目の光道が、働く人々の幸福のためにおこした救済事業で完成した別荘で、日本の代表的庭園の一つ。昭和22年本間美術館として発足以来、古書、骨董、絵画等の美術品を陳列しています。

 車で約15分

3

土門拳記念館

日本で最初の写真美術館

リアリズム写真を確立した写真界の巨匠土門拳。
昭和48年(1974)に名誉市民第1号となった、酒田市出身の土門拳氏より全作品約7万点が市に寄贈され、個人の写真を展示公開する世界初の写真記念館です。

建造に携わった芸術家たち
 建物の設計 /谷口吉郎氏の長男谷口吉生氏
 中庭の彫刻 /イサム・ノグチ氏
 銘板・年譜 /亀倉雄策
 造園設計・オブジェ /勅使河原宏氏

 車で約15分

4

山居倉庫

湊町・酒田のシンボル「山居倉庫」

米どころ庄内のシンボル山居倉庫。明治26年(1893)に建てられた米保管倉庫です。

米の積出港として賑わった酒田の歴史を今に伝え、NHK朝の連続テレビ小説「おしん」のロケーション舞台にもなりました。
樹齢150年以上のケヤキ36本の連なるケヤキ並木の色合いは、季節とともに変わり見る人を魅了します。

 酒田市内 宿泊

【2日目】
 酒田市内から最上川舟下りのりば、戸沢藩船番所へ
 車で約45分

5

最上川舟下り

最上川の両岸に迫る山々は圧巻。雄大な自然を楽しもう。

山形県の母なる川、最上川流域の中でも随一の景観を誇る最上峡。両岸に山が迫る雄大な景色がお楽しみいただけます。
春は点在する山桜が山々を彩り、夏は見渡す限りの新緑、秋は山々が錦に染まり紅葉が水面に映える。冬は水墨画の世界に迷い込んだような絶景。

船頭の鍛え上げた舟歌と、最上訛りのガイドとともに眺める風景は心に残る体験となるでしょう。

 約60分の船旅をお楽しみください。
 終点 草薙港下船後、路線バスで約15分

6

戸沢藩船番所(昼食)

最上川芭蕉ライン舟下り・乗船所 旅のご休憩にぜひご利用下さい!

平成18年4月リニューアルオープン。
敷地内では本場山形そばの手打ち体験も楽しめます。
1階は、乗船券・船中弁当・最上地方の土産などを販売しており、
2階にある甘味処”芭蕉亭”では甘味、お飲み物もご用意しております。

 車で約40分
 羽黒山参道入口の随神門から五重塔まで徒歩で約10分

7

(国宝)羽黒山 五重塔

山中にそびえる東北最古の五重塔

羽黒山参道、一の坂上り口の杉並木の中にあり、東北北地方では最古の塔といわれ、平将門の創建と伝えられています。
現在の塔は、約600年前に再建されたものといわれています。
高さが29.0mの三間五層柿葺素木造で、昭和41年には国宝に指定されました。
近くには樹齢1,000年、樹の周囲10mの巨杉"爺杉(じじすぎ)"があります。

★2019年4月27日(土)~11月30日(土)の期間、国宝 羽黒山五重塔 特別拝観&羽黒三所大権現 秘仏公開が企画されております。
★特別拝観の期間、5月より毎月5のつく日(5日、15日、25日)には特別な金字の御朱印もいただくことができます。
★特別拝観の期間、御朱印には「令和元年 奉祝 御代替り」の判をお受けできます。
★山頂の斎館では、期間限定で開祖である蜂子皇子の道中を支えた在来野菜を取り入れた祝膳「寂光祝膳」の提供も。(2019年12月30日(月)まで/要予約)
「国宝 羽黒山五重塔 内部特別拝観」&「羽黒三所大権現 秘仏公開」について

★ライトアップによる夜間参拝については、こちらをご覧ください。

 駐車場まで徒歩で約10分戻る
 山頂駐車場へ、車で約10分
 駐車場から徒歩で約5分

8

三神合祭殿

日本一の茅葺屋根、出羽三山の神々を祀る

月山・羽黒山・湯殿山の三神を合祭した日本随一の大社殿。
厚さ2.1mの萱葺の屋根、総漆塗の内部など、その全てに迫力があって見ごたえ十分。
本殿は度重なる火災にあったが、現在の社殿は文政元年(1818年)に再建したもの。
前方の鏡池は、神秘の御池として古来より多くの信仰を集め、羽黒信仰の中心でもあった。

★2019年4月27日(土)~11月30日(土)の期間、国宝 羽黒山五重塔 特別拝観&羽黒三所大権現 秘仏公開が企画されております。
★特別拝観の期間、5月より毎月5のつく日(5日、15日、25日)には特別な金字の御朱印もいただくことができます。
★特別拝観の期間、御朱印には「令和元年 奉祝 御代替り」の判をお受けできます。
★山頂の斎館では、期間限定で開祖である蜂子皇子の道中を支えた在来野菜を取り入れた祝膳「寂光祝膳」の提供も。(2019年12月30日(月)まで/要予約)
≪詳しくはこちらをご覧ください≫

 車で約30分、JR鶴岡駅へ

9

「きらきらうえつ」乗車

JR鶴岡駅から乗車。
お帰りもぜひ「きらきらうえつ」で!

※基本的には金・土・日・祝日のみ運行。お盆期間・マリンダイヤ・秋田延長ダイヤなどの例外有り。運休日は特急「いなほ」をご利用ください。

「きらきらうえつ」のダイヤはJR東日本・新潟支社HPをご確認ください(外部リンク)

GOAL