古志の火まつり

こしのひまつり

天をも焦がす日本一の「さいの神」に無病息災・復興を祈願

高さ25m級の「日本一のさいの神」に新成人が点火を行い、その年の無病息災・五穀豊穣及び震災からの復興を祈願するお祭りです。点火後は、真っ白な雪原に舞い昇る50mにも届く火柱と、それを彩る雪中花火は幻想的な世界を映し出します。
その他、日本で唯一の「雪中闘牛大会」の開催や、臨時アルパカ牧場、特産品テント村、ステージショーなど多彩なイベントや、雪と親しむアトラクションが盛りだくさんです。

基本情報

開催期間 2019年3月9日(土曜日)
開催時間 11時~18時30分
※18時から「さいの神点火式」
住所新潟県長岡市山古志種苧原4526 長岡市自然休養地四季の里古志特設会場
交通アクセス●JR信越本線「長岡駅」より車で30分
●関越自動車道「小千谷IC」より車で40分
※会場周辺には駐車場が少ないので、なるべく乗合でお越しください
※公共交通機関はありません
駐車場●普通車:有り
分類 イベント
テーマ 自然 体験 食と酒 歴史
備考さいの神…カヤ・わら等を円錐状に組み上げ燃やすことにより無病息災・五穀豊穣を祈願する伝統行事

問い合わせ先

問い合わせ先長岡市山古志支所産業建設課
電話番号0258-59-2343
FAX番号0258-59-3803
関連サイト

このスポットの近くでできる体験プラン

長岡・柏崎エリアの体験プランを探す

このスポットから近い宿泊施設

中越北部(長岡・柏崎・小千谷)エリアの宿泊施設を探す