高畑勲展

たかはたいさおてん

日本のアニメーションに遺したもの

高畑勲(1935~2018)は、1960年代から半世紀にわたって日本のアニメーションを牽引し続けたアニメーション映画監督です。
長編初監督作品となった「太陽の王子ホルスの大冒険」(1968)で、大人の鑑賞にたえる壮大なスケールの映像を作り上げた高畑は、その後つぎつぎにアニメーションにおける新しい表現領域を開拓していきました。70年代には、「アルプスの少女ハイジ」(1974)や「赤毛のアン」(1979)などのテレビ名作シリーズで、日常生活を丹念に描写する演出手法を通して、ファンタジーとは一線を画した豊かな人間ドラマの形を完成させます。80年代以降は、物語の舞台を日本に移し、「じゃりン子チエ」(1981)、「火垂るの墓」(1988)、「平成狸合戦ぽんぽこ」(1994)など、日本の風土や庶民生活のリアリティーを表現するとともに、日本人の戦中・戦後の経験を現在から問い直すような力作を次々に発表します。遺作となった「かぐや姫の物語」(2013)ではスケッチの線を生かした描法に挑み、従来のセル画様式を乗り越える表現上の革新を達成しました。
常に今日的なテーマを模索し、それにふさわしい新しい表現方法を追求した革新者・高畑の創造の軌跡は、戦後の日本のアニメーションの礎を築くとともに、国内外の制作者にも大きな影響を与えました。本展覧会では、高畑の演出術に注目し、制作ノートや絵コンテなどの未公開資料も紹介しながら、その豊穣な作品世界の秘密に迫ります。

入口には、アルプスの少女ハイジやパンダコパンダと写真を撮ることができるコーナーもあります。

基本情報

開催期間 2021年9月18日(土曜日)~11月14日(日曜日)
※休館日:月曜日(ただし、9月20日(月曜日)は開館)
開催時間 9時~17時(チケットの販売は16時30分まで)
住所新潟県長岡市千秋3丁目278-14/新潟県立近代美術館
交通アクセス●JR信越本線「長岡駅」よりバスで約15分
(大手口8番乗り場より「中央循環バス内回り」に乗車し、「県立近代美術館」バス停にて下車)
●関越自動車道「長岡IC」より車で約15分
駐車場●普通車:165台(無料)
●大型車:有り(要確認)
営業時間9時~17時(チケットの販売は16時30分まで)
料金●一般:1,500円(1,300円)
●大学生・高校生:1,300円(1,100円)
●中学生以下:無料
※(  )内は有料20名以上の団体料金
※障害者手帳・療育手帳をお持ちの方は無料です。受付で手帳をご提示ください。
ユニバーサルデザイン対応車いす対応有、貸出車椅子可、障害者用トイレ有、盲導犬、介助犬可
※盲導犬・聴導犬・介助犬は全館で一緒に行動できます。
関連資料 「高畑勲展パンフレット」を見る
備考【関連イベント】
『記念講演会』
「高畑勲の革新的アニメーション演出術」・・・講師:叶精二氏(映像研究家、亜細亜大学・女子美術大学講師)
●日時:9月19日(日曜日) 14時~15時30分

『映画観賞会』
「おもひでぽろぽろ」(1991年/119分)
●日時:9月20日(月曜日・祝日)14時~
「ホーホケキョとなりの山田くん」(1999年/104分)
●日時:10月2日(土曜日) 14時~
「かぐや姫の物語」(2013年/137分)
●日時:10月16日(土曜日) ①10時 ②14時

●会場:新潟県立近代美術館
●定員:各回80名
●申込方法:電話またはメール(定員になり次第、締め切ります)

問い合わせ先

問い合わせ先新潟県立近代美術館
電話番号0258-28-4111
FAX番号0258-28-4115
関連サイト

このページを見ている人におすすめの記事

このスポットの近くでできる体験プラン

長岡・柏崎エリアの体験プランを探す

このスポットから近い宿泊施設

中越北部(長岡・柏崎・小千谷)エリアの宿泊施設を探す