光の隧道(中山隧道)

ひかりのずいどう

手掘り!「中山隧道」をライトアップ

山古志にある最古の手掘り隧道【中山隧道】をライトアップ!秋の夜長に虫の声と共に暗闇を照らす、幻想的なブルーのイルミネーションをお楽しみください。
24時間いつでも観覧無料です。
※中山隧道とは?
山古志の小松倉地区と魚沼市水沢地区(旧広神村)を結ぶ長さ877mの手掘りのトンネルです。1932年(昭和7)年に計画が立ち上がり、途中戦争による中断を経て、1949(昭和24)年5月に貫通しました。カンテラの灯りをたよりに片刃のツルハシとスコップで掘り進める手作業で、農閑期などを利用して作業は根気よく続けられました。当初、充分な照明設備がなかったため、暗闇の中で手に持った傘の先を壁面にあてて間隔を保ちながら進むというような状況もあったそうです。それでも、雪の中の峠越えに比べてはるかに安全でした。
1998(平成10)年に新中山トンネルが開通したことによって、手掘りの中山隧道はその役割を終えましたが、新潟県によって記念保存が決定され、現在、安全には通り抜けはできないため、70Mまでの立ち入りを許可されています。
※隧道内なので日中でもお楽しみいただけます。

基本情報

開催期間 2022年10月8日(土曜日)~16日(日曜日)
事前予約不要
住所新潟県長岡市長岡市山古志東竹沢(小松倉)~魚沼市
交通アクセスJR「長岡駅」より車で約45分
関越自動車道「小千谷IC」より車で約30分、「長岡南越路SIC」より車で約30分
駐車場普通車/15台
営業時間●見学自由です。
●安全管理の都合上、入口から約70mまで見学できます。
料金無料

問い合わせ先

問い合わせ先長岡市山古志支所産業建設課
電話番号0258-59-2343
FAX番号0258-59-3803
関連サイト

このページを見ている人におすすめの記事

このスポットの近くでできる体験プラン

長岡・柏崎エリアの体験プランを探す

このスポットから近い宿泊施設

中越北部(長岡・柏崎・小千谷)エリアの宿泊施設を探す