【里めし】木村茶道美術館で味わう柏崎の秋の味覚

さとめしきむらさどうびじゅつかんであじわうかしわざきのあきのみかく

紅葉が終わった12月、雪化粧をした日本庭園を眺めながら味わう。

大正時代に築造された日本庭園「松雲山荘」の中にある木村茶道美術館は全国的にも珍しい茶道専門の美術館です。設立者の故木村重義翁によって収集された茶器を展示するだけでなく、収蔵品を実際に使用して茶席体験をすることができます。

この期間は特別に、茶席と一緒に地元食材にこだわったお食事をお召し上がりいただけます。

基本情報

開催期間 2019年10月1日(火曜日)~11月30日(土曜日)
開催時間 11時~13時、18時~20時
受付期間 日曜日・祝日を除く
所要時間2時間
事前予約
最小催行人員4名
定員10名
住所新潟県柏崎市緑町3-1/木村茶道美術館
交通アクセス●JR羽越本線「柏崎駅」より徒歩で20分
●北陸自動車道「柏崎IC」より車で15分
※柏崎駅前から片道500円のちょっ得タクシーを運行
駐車場●普通車:有り
料金●大人:7,500円
備考お茶席体験は4~11月も行っています。
松雲山荘ライトアップ期間(10月27日~11月25日)の土日祝日はボランティアガイドが常駐しています。

問い合わせ先

問い合わせ先柏崎市役所商業観光課
電話番号0257-21-2334
FAX番号0257-24-7714
メールアドレスshogyo@city.kashiwazaki.lg.jp

このスポットの近くでできる体験プラン

長岡・柏崎エリアの体験プランを探す

このスポットから近い宿泊施設

中越北部(長岡・柏崎・小千谷)エリアの宿泊施設を探す