咲花温泉

咲花温泉は、山々が連なる阿賀野川のほとりにあります。泉質は、刺激の強すぎないやわらかな硫黄泉です。
その昔、「先花地」と呼ばれていたところから湯花が噴出し、咲花温泉と呼ばれるようになりました。
街には麹を扱う店が多く、古くから発酵食の文化が育まれてきたことを物語ります。
交通手段が発達していなかった昔、新鮮な食材が手に入りにくい山あいの地域では、
食材の長期保存に役立ち、栄養も豊富な麹はとても重要な食品だったのです。
温泉の近くには、江戸時代から続く2つの老舗酒蔵も。
じっくり時間をかけて、おいしいものや酒を生み出す、この土地の姿勢が伝わってくるようです。

ホテル一水荘

料理名

帛乙女オランダ揚げ

食材

帛乙女(里芋)

ストーリー

里芋がある時期だけの提供になります。

エリア一覧