ホーム > 「大地の芸術祭」山道も安心、ガイド付きバスツアー発売中!!

ここから本文です。

更新日:2018年7月29日

「大地の芸術祭」山道も安心、ガイド付きバスツアー発売中!!

大地の芸術祭2018年の新作をメインにしたガイド&昼食付ツアーの決定版、日帰りオフィシャルツアーをインターネットから予約できます!
信濃川に沿って南北に作品をめぐる「シャケ川のぼりコース~信濃川・河岸段丘編~」、土木をテーマにした作品などをめぐる「カモシカぴょんぴょんコース~里山・土木編~」の2コースが、51日間毎日運行(越後湯沢駅発着)! 8月と9月の土日には、上越方面発着のコースもあります。

シャケ川のぼりコース~信濃川・河岸段丘編~

約40万年前から始まった土地の隆起、信濃川の浸食作用で形成された河岸段丘を見ながら越後妻有を縦断するコース。芸術祭作品でのランチ付き。
鑑賞作品:ダミアン・オルテガ作品、絵本と木の実の美術館、越後妻有里山現代美術館[キナーレ]レアンドロ・エルリッヒ新作、C.ボルタンスキー+J.カルマン《最後の教室》・C.ボルタンスキー《影の劇場》 ほか
昼食:うぶすなの家 または、上郷クローブ座レストラン

カモシカぴょんぴょんコース~里山・土木編~

傾斜地に営々と築き上げられた棚田、蛇行する河川の流路を変えてつくった瀬替え田を見渡し ながら、越後妻有を横断するコース。ミシュラン星付きシェフ監修によるスペシャルランチ。
鑑賞作品:マ・ヤンソン/MADアーキテクツ「Light Cave」磯辺行久新作(清津峡)、越後妻有里山現代美術館[キナーレ]レアンドロ・エルリッヒ新作、日比野克彦《喫茶TURN》のほか、星峠等
昼食:奴奈川キャンパス(ミシュランシェフ米澤文雄氏監修のランチ)