西光寺【木喰上人の仏像】

さいこうじ

勇ましさと童のような愛らしさが同居した12体

冬には白鳥が飛来する柏崎市の長峰大池のほとりに建つ西光寺には、十二神将が残る。
文化2年(1805年)に木喰上人が1週間足らずで彫り上げた十二神将だが、長年本堂の天井裏にしまわれたままで、昭和4年に屋根の葺き替えを行った際に発見され、地元で大騒ぎになった。
本来十二神将は薬師如来を守護する武神で、武具などを身につけているが、ここでは武器を持たないものや裸のもの、こぼれんばかりの笑みをたたえるものもあり木喰仏ならでは。笑顔をたたえた像の1つは自身を刻んだと言われている。

基本情報

住所新潟県柏崎市西山町長嶺713
交通アクセス最寄り駅からのアクセス/JR越後線「西山駅」より徒歩で約20分
最寄りICからのアクセス/上越新幹線「長岡駅」よりバスで「長嶺」下車、徒歩で約5分
その他からのアクセス/北陸自動車道「西山IC」より車で約10分
駐車場普通車/長嶺大池駐車場

問い合わせ先

問い合わせ先西光寺
電話番号0257-48-3193

このスポットの近くでできる体験プラン

長岡・柏崎エリアの体験プランを探す

このスポットから近い宿泊施設

中越北部(長岡・柏崎・小千谷)エリアの宿泊施設を探す