禅院額字 潮音堂

ぜんいんがくじ ちょうおんどう

中国宋時代の無準禅師の書、東福寺の開山となった聖一国師が、1235年宋に留学したとき無準に6年間法を学び帰国、博多に承天寺を創立、師の無準はお祝いとして寺額を書いて贈ってきたもの。
後に京都東福寺普門院におさめられ「潮」と「音」の間に普門院の押印がある。
その後、小堀遠州が所持し、茶会に招かれた三代忠勝が、数千両で譲り受けたと伝えられている。

基本情報

住所山形県鶴岡市家中新町10-18
交通アクセス鶴岡駅から湯野浜温泉方面バス10分 致道博物館前下車すぐ
山形自動車道 鶴岡ICより車で10分
日本海東北自動車道 鶴岡西ICより車で15分
駐車場有(20台)
鶴岡公園周辺駐車場もご利用下さい。
営業時間9:00〜17:00(入館16:30まで)
※12月~2月は9:00〜16:30(入館16:00まで)

定休:年末年始(12月28日~1月4日)、12月~2月は毎週水曜日
※展示替えのため、一部休館することもあり
料金(個人)一般 800円、学生400円、小中生300円

問い合わせ先

問い合わせ先公益財団法人 致道博物館
電話番号0235-22-1199
関連サイト
PR