新潟県立万代島美術館 企画展「コレクター福富太郎の眼 昭和のキャバレー王が愛した絵画」

にいがたけんりつばんだいじまびじゅつかん きかくてん これくたーふくとみたろうのめ しょうわのきゃばれーおうがあいしたかいが

戦後最高のコレクターが築いた、類稀なるコレクション

昭和の「キャバレー王」として知られた福富太郎(1931-2018/ふくとみたろう)は、戦後の高度経済成長とともに全国に店舗を展開し、実業家として成功をおさめました。また、テレビやラジオ番組に出演し、その軽妙でユーモアあふれる語り口が人気を博し、キャバレー太郎の異名をとりました。
その一方で、浮世絵や美人画をはじめとする近代日本絵画、さらに幼少期の体験に基づく戦争画などの美術品を長年蒐集し、「福富太郎コレクション」を築きます。そして、美術雑誌の連載をはじめとする著述や講演をとおして自身の愛するコレクションを紹介し、美術品の魅力を広く人々に伝えることに力を注ぎました。
本展覧会では、蒐集のきっかけとなった日本画の鏑木清方を代表とする美人画をはじめ、明治の黎明期から昭和の戦時下にいたる洋画まで、彼がこよなく愛した絵画80点余りをご覧いただきます。生前の福富太郎と深く交遊した山下裕二氏(美術史家・明治学院大学教授)の監修により、コレクターとしての審美眼に焦点を当てながら類稀なるコレクションの全体像をご紹介する初の機会です。

★特別出品★
福富の没後、東京都現代美術館に寄贈された戦時下の洋画コレクション約100点から、藤田嗣治、宮本三郎、向井潤吉、中村研一、阿部合成の5点を特別出品。

[会期中のイベント]
■講演会
9月18日(土) 14:00~15:30/NICOプラザ会議室(万代島ビル11F)にて
講師:山下裕二氏(本展監修者/美術史家・明治学院大学教授)
演題:「戦後最高のコレクター・福富太郎と私」
定員60名[事前申込制]/聴講無料
*申込方法:往復はがきに、①参加人数(1通につき2名まで可)、②参加者全員の氏名・住所・電話番号(日中に連絡可能なもの)を明記の上、当館まで送付してください。9月1日(水)必着。応募多数の場合は抽選となります。
■鑑賞講座
10月17日(日)14:00~15:00/美術館ロビーにて
講師:澤田佳三(当館専門学芸員)
演題:「福富太郎が愛したコレクション」
定員25名[申込不要・先着順] *13:30より受付/聴講無料

■学芸員によるギャラリートーク 
10月3日(日)、10月10日(日)、11月3日(水・祝) 各日14:00〜/展示室にて
申込不要/要観覧券

[画像キャプション]
岡田三郎助《ダイヤモンドの女》1908年 福富太郎コレクション資料室

基本情報

開催期間 2021年9月18日(土曜日)~2021年11月7日(日曜日)
※休館日:9月27日(月曜日)、10月11日(月曜日)、10月25日(月曜日)
住所新潟県新潟市中央区万代島5-1 朱鷺メッセ内 万代島ビル5階
交通アクセス●JR「新潟駅」よりバスで約15分
(万代口バスターミナルより 佐渡汽船線(3番線)に乗車し、「朱鷺メッセ」下車)
●北陸自動車道「新潟西IC」より車で約30分
●日本海東北自動車道「新潟中央IC」より車で約20分
駐車場●普通車:有り
●大型車:有り ※要予約
営業時間10時00分~18時00分 
※観覧券の販売は17時30分まで
料金●一般:1,600円(1,400円)
●大学・高校生:1,300円(1,100円)
●中学生以下無料
●前売券[一般のみ]:1,400円
※( )内は有料20名様以上の団体料金
※障害者手帳、療育手帳をお持ちの方は無料です。受付でご提示ください。
ユニバーサルデザイン対応車椅子対応有、貸出車椅子可、障害者用トイレ有

問い合わせ先

問い合わせ先新潟県立万代島美術館
電話番号025-290-6655
FAX番号025-249-7577
関連サイト

このスポットの近くでできる体験プラン

新潟・阿賀エリアの体験プランを探す

このスポットから近い宿泊施設

新潟市エリアの宿泊施設を探す