皮まで愛して。新潟のご当地グルメ「半身揚げ」

2020.03.09

今から60年ほど前に新潟市や新潟県下越エリアで誕生し、今や新潟のご当地グルメとして、全国的な知名度を誇る『半身揚げ』。
その呼び名の通り、鶏の半身をそのまま揚げてしまうという大胆な唐揚げです。

職人的な包丁技術を必要とせずに調理できたことがこの豪快なビジュアルへとつながり、それが庶民に愛されたのでは、という見方も。

酒のつまみというイメージが先行しますが、子どもたちの大好物となったことも広く普及した理由のひとつで、親戚が集まる会席の場、クリスマスの食卓など、様々なシーンで食べられています。そんな『半身揚げ』のおいしいお店を今回はご紹介します!

せきとり本店

下町の庶民の味は今や全国区の認知度に

新潟市下町にある半羽唐揚げの発祥店!
「全国から揚げグランプリ」では8年連続金賞を受賞するなど、もはや全国区の認知度です。
「半羽唐揚げ」の特徴のひとつである「カレー味」は、約60年前の創業時に初代が「子どもに喜んでもらえるように」との理由でカレー粉をまぶしたのが始まりなのだそう。
カレー粉、塩、片栗粉をまとった鶏肉を高温の油に投入し、15分かけてじっくりと火を通すのですが、皮はパリッとし、それに包まれたつやつやプリプリのお肉にかぶりつけば肉汁があふれ出します。
手の汚れなんて気にせずに豪快に味ってみてください!

【店舗情報】
店名:せきとり本店
住所:新潟県新潟市中央区窪田町3-199
アクセス:JR新潟駅から車で10分
電話番号:025-223-5934
営業時間:16:30~22:00(LO20:30)
定休日:不定休
席数:100席 
駐車場:20台

とりかん

五泉市民の定番半羽揚げはバリッバリ硬めの衣が身上

創業は昭和50年。
先代が編み出した衣と油の配合、揚げ方を今も守り続けています。
とりかんの唐揚げは、鶏の半身にカレーの風味を付けて揚げたという点では一般的ですが、バリバリ硬めの衣の食感が唯一無二。
ひな鳥の半身に、カレー粉や塩などと片栗粉を水で溶いた衣をまんべんなくまとわせすぐさま油の中へ。
1槽目のフライヤーで衣をしっかりと固め、2槽目でお肉にじっくり火を通します。
仕上げにガーリックパウダーをかけて完成!
衣にしっかりと味が付いているため、冷めてもおいしく、テイクアウトも人気です。

【店舗情報】
店名:とりかん
住所:新潟県五泉市旭町7-1
アクセス: JR北五泉駅から徒歩20分
電話番号:0250-42-1430
営業時間:11:00~14:00(LO13:30)/16:30~21:30
定休日:不定休
席数:108席
駐車場:5台

ひな鳥金子 本成寺店

養鶏場直営のプリプリ唐揚げ

生産、処理、加工を一括で管理する養鶏場直営の老舗唐揚げ店。
県内に3つの支店を持ち、本成寺店では唐揚げをはじめ、焼鳥やもつ煮などの居酒屋メニューを提供しています。
開店が15時半と早いので、土日ともなるとオープン後すぐに来店し、ビールを注文する人もいるのだそう。
もちろん人気No.1は『半羽から揚げ』。
おいしさの秘訣は鮮度抜群の鶏肉。カレー粉、塩コショウ、片栗粉をまぶし1~2日寝かせて揚げることで、衣はパリッと、やわらかな肉には味が染み込み絶品です。
1個400~450グラムとボリューム満点ですが、ひとりで丸々食べきれますよ。

【店舗情報】
店名:ひな鳥金子 本成寺店(ひなどりかねこ ほんじょうじてん)
住所:新潟県三条市桜木町24-14
アクセス: JR三条駅から車で10分
電話番号:0256-34-1984
営業時間:15:30~21:30(LO21:00)
定休日:火曜(月1回連休あり)
席数:70席
駐車場:15台

鳥安

4種類の味から選べる『若鳥唐揚』

ハーブ飼育の新鮮な「越乃鶏」を使った唐揚げと焼鳥、そして地元・豊栄産野菜を使った創作料理が楽しめる人気店。
「安い・おいしい・ボリュームがいい」がお店のモットーです。
どのお客さんも絶対にオーダーするという『若鶏から揚げ』は、人気の普通味のほか、カレー、ガーリック、塩コショウの4種類の味を用意。
生肉の状態で塩を擦り込む「普通味」は先代の頃から作られていて、親子3代に渡って食べに訪れるお客さんもいるそうです。
香ばしさのあとにジュワッとあふれる肉汁とやわらかな肉質はヤミツキになること間違いなしです!

【店舗情報】
店名:鳥安(とりやす)
住所:新潟県新潟市北区白新町2-12-3
アクセス: JR豊栄駅から徒歩3分
電話番号:025-387-5283
営業時間:11:30~14:30/16:00~24:00(日曜、祝日は23:00まで)
定休日:不定休
席数:70席
駐車場:15台

鳥久

カレー香る半身唐揚は鉄道のまちの定番!

鉄道のまち・新津に漂うカレーの香り。
昭和51年に創業した、鳥料理の人気店が鳥久です。
店には入口がふたつ。
ひとつは店内への入口、もうひとつは唐揚げテイクアウト専用。
ここからも地元民の支持の高さがうかがえます。
名物『若鳥唐揚』は、新鮮な若鳥肉に注文を受けてから塩とカレー粉を擦り込み、15分ほどじっくり揚げて完成。
工程は実にシンプルながら、絶妙な塩加減と肉汁あふれるジューシーなお肉のおいしさでビールが進みます。
身に味を染み込ませてから食べるのもおいしいので、ぜひお店だけでなくテイクアウトでも味わってみてください。

【店舗情報】
店名:鳥久(とりきゅう)
住所:新潟県新潟市秋葉区新津本町2-6-6
アクセス: JR新津駅から徒歩5分
電話番号:0250-22-0927
営業時間:17:00~21:00(テイクアウトはLO20:00。土日祝は材料無くなり次第終了)
定休日:水曜
席数:20席
駐車場:なし

味の店 若とり 大通南店

子どもも大人もほんのり甘いカレー味の虜に

唐揚げと焼鳥の名店として地元ではおなじみ。
40年以上前、本店開店当初は天ぷらなども提供していましたが、次第に唐揚げが有名になり、唐揚げをメインとしたお店になりました。
飲みはもちろん、食事のみでも気軽に立ち寄れると、幅広い世代に支持されています。
大きな半身の唐揚げは、温度の違う2種の油で揚げることがおいしさの秘密。
外はパリパリ、ジューシーなお肉はしっかりとした弾力があります。
ほんのり甘いカレー風味で、ご飯ともお酒とも相性ばっちりです!

【店舗情報】
店名: 味の店 若とり 大通南店(あじのみせ わかとり おおどおりみなみてん)
住所:新潟県新潟市南区大通南1-161
アクセス:小新ICから車で15分
電話番号:025-362-5959
営業時間:11:00~14:30(LO13:40)/16:30~22:00(LO21:30)
定休日:月曜(祝日の場合は翌日)
席数:70席
駐車場:15台


半羽揚げと一口に言ってもお店によって特徴はさまざま。
一度食べに訪れれば、地元の人たちに長く愛されている理由が分かるはず。
お店の歴史も感じながら、ぜひいろんな半身揚げを楽しんでみてください!

この記事で紹介したお店マップ