人柱供養堂(即身仏)

じんちゅうくようどう

この地域は昔から地すべりが多く、旅の僧が地すべりを止めるために自ら人柱(即身仏)になったという伝説がありました。
昭和12年に地中から甕の中で座禅を組んだ人骨が発見され、伝説が本当のことであったことがわかり、人柱供養堂が立てられました。

すぐ隣には、地すべり資料館があり、すべり止めお守り等も購入できます。また、資料館では人柱伝説のアニメーションや人形を使った解説を見ることができます。
さらに、昭和2年の人里での記録的な積雪8.18mの高さを体感できるモニュメントもあります。

基本情報

住所新潟県上越市板倉区猿供養寺401-1
交通アクセス●トキ鉄・妙高はねうまライン「新井駅」よりバスで30分、下車後、徒歩で5分
●上信越自動車道「中郷IC」より車で30分
駐車場●普通車:有り

問い合わせ先

問い合わせ先上越市板倉区総合事務所
電話番号0255-78-2141
FAX番号0255-78-3984

このスポットの近くでできる体験プラン

妙高・上越エリアの体験プランを探す

このスポットから近い宿泊施設

上越(上越・妙高・糸魚川)エリアの宿泊施設を探す
PR