神宮寺観音堂・山門

じんぐうじかんのんどう・さんもん

厳かな参道と茅葺の観音堂

平安時代に開創された曹洞宗の古刹で、山門・観音堂・仏像3体が県文化財に、境内と山林が市の文化財に指定されています。

現在の建物は江戸後期に造られたもので、山門は宝暦11年(1761年)から明和6年(1769年)、観音堂は安永2年(1773年)から天明2年(1782年)にかけて、20年もの歳月をかけて建造されました。

基本情報

住所新潟県十日町市四日町1300
交通アクセス●十日町駅より車で10分
駐車場あり

問い合わせ先

問い合わせ先十日町市観光協会
電話番号025-757-3345
FAX番号025-757-5150
関連サイト

このページを見ている人におすすめの記事

このスポットの近くでできる体験プラン

湯沢・魚沼エリアの体験プランを探す

このスポットから近い宿泊施設

中越南部(湯沢・十日町・魚沼)エリアの宿泊施設を探す