慈眼寺

じげんじ

北越戊辰戦争、河井・岩村談判の地!

慶応4年5月2日長岡藩家老河井継之助が藩主の歎願書を持参、西軍の軍監岩村精一郎と講和談判を行った場所。
慈眼寺には、会見の間が当時のまま保存されており、ほかにも戦闘絵図、その他の関係遺品が保存されています。平成16年(2004年)10月の新潟県中越地震により、会見の間を含む本堂が全壊しましたが、多くの寄付などにより、平成18年(2006年)9月に復旧しました。

戊辰戦争150年 小千谷談判再現劇

基本情報

住所新潟県小千谷市平成2-3-35
交通アクセス●JR上越線「小千谷駅」よりバスで10分、下車後、徒歩で1分
●関越自動車道「小千谷IC」より車で約5分
駐車場●普通車:有り
●大型車:無し
備考本堂及び会見の間の見学には事前予約が必要
(慈眼寺:0258-82-2495)

問い合わせ先

問い合わせ先慈眼寺
電話番号0258-82-2495
FAX番号0258-89-8235
関連サイト

このスポットの近くでできる体験プラン

長岡・柏崎エリアの体験プランを探す

このスポットから近い宿泊施設

中越北部(長岡・柏崎・小千谷)エリアの宿泊施設を探す