一度は行きたい!新潟の桜の名所6選

2020.03.01

イベントに関しては昨今の状況により、やむを得ず開催期間や内容の変更、中止となる場合がございます。
詳細につきましては、各お問合せ先にご確認ください。


いよいよ春本番!待ちに待った春を満喫するなら、やっぱりお花見ですよね。
南北に長く、多彩な地形を持つ新潟県内には、桜の名所がとにかくたくさん!
今回は、新潟の代表的なお花見スポットをピックアップしてご紹介します。

高田城址公園

日本三大夜桜のひとつに数えられる城下町の桜

東京・上野の「恩賜公園」、青森の「弘前公園」と共に、日本三大夜桜のひとつに数えられる「高田城址公園」。広大な内堀と外堀、その周辺に約4000本の桜が咲き誇り、毎年、春に行われる『高田城址公園観桜会』は、毎年100万人もの人が訪れる城下町・高田のビッグイベントです。晴天のもとで見る桜と高田城三重櫓や美しい桜並木“さくらロード”も必見ですが、一番の見どころはやはり『夜桜』。

約3000個ものぼんぼりと桜並木、そしてライトアップされた三重櫓がお堀の水面に映る眺めは実に幻想的。その美しさは言葉では言い表せないほどです。この『高田城址公園観桜会』の期間中は、多彩なイベントや催しが行われ、毎年約300軒もの露店が出店。上越の名産品やおいしいものを販売する地元の物産展もあるので、散策しながら楽しみましょう。

『第95回高田城址公園観桜会』
●期間:2020年4月1日(水)~4月15日(水)
●見ごろ:4月上旬〜4月中旬
●ライトアップ:会期中日没から21時 ※桜最盛期は22時まで
●所在地:上越市本城町44-1/高田城址公園
●問い合わせ先:公益社団法人上越観光コンベンション協会 
●電話:025-543-2777

信濃川やすらぎ堤緑地・白山公園の桜

大河・信濃川と桜並木が織りなす新潟市民の憩いの場

日本で最初に開設された都市公園の一つ・白山公園は「日本の都市公園100選」にも選ばれた、四季折々の風景が楽しめるオランダ風回遊式庭園です。隣接する新潟総鎮守白山神社の春のおまつりと満開の桜が一緒に楽しめます。まつりには露天も立ち並び、新潟市民のソウルフード「ポッポ焼き」がおすすめ。

白山神社とりゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館をつなぐ空中庭園、さらに信濃川やすらぎ堤緑地一帯が、一大桜スポットとなり、水場などに映る桜、夜のライトアップは幻想的で、こちらも水の都・新潟市ならではです。市街地から近くてアクセスも良いのも魅力。やすらぎ堤ではさまざまなイベントが開催されます。ピクニック気分で訪れてみて。

●見ごろ:4月上旬〜4月下旬
●ライトアップ
・空中庭園:日没〜夜明けまで
・白山公園:日没~21:00頃まで点灯
・信濃川やすらぎ堤緑地:公園照明が日没~点灯
●所在地:新潟市中央区一番堀通町地先、新潟市中央区川端町6丁目~川岸町3丁目、関屋大川前1丁目(右岸)、万代2丁目から幸西3丁目、上所2丁目(左岸)
●問い合わせ先:新潟市中央区役所建設課
●電話:025-223-7403

悠久山公園

長岡藩主が名付けた悠久山は、多くの人が憩う桜の名所

長岡市民から「お山」の愛称で親しまれている悠久山公園。約37.3haの広大な公園ではソメイヨシノをはじめ八重桜、しだれ桜、山桜の他、鬱金や御衣黄などの珍しい桜も見ることができます。
公園内には城をかたどった郷土資料館(要入場料)があり、ここからの眺めは格別です。また、園内にはニホンザルやウサギなどの動物に会える小動物園や、お弁当を広げてお花見を楽しめる芝生広場、子どもたちが楽しめるロングスライダーなどの遊具もあり、家族連れにもおすすめです。

ソメイヨシノの他に、鮮やかなしだれ桜も数多く植樹されています。また、泉翠池・瓢箪池の近くにも桜並木があり、散策を楽しむ人が多くいます。

●見ごろ:4月上旬〜4月下旬
●ライトアップ:4月3日(金)〜4月下旬の18時〜22時30分(自由広場は22時まで)
※ライトアップは桜の開花状況によって変更あり
●所在地:長岡市御山町80番地5  
●問い合わせ先:長岡市公園緑地課
●電話:0258-39-2230

大河津分水桜並木

越後平野の守り神「大河津分水路」の堤防を埋め尽くす桜並木

「日本さくら名所100選」にも選ばれている大河津分水路の桜並木。約10kmにわたって堤防に植えられた約2600本のソメイヨシノは、大河津分水路が通水する10年ほど前の明治43年(1910)から植樹が始まりました。つばめ桜まつり期間中の4月6日〜19日はライトアップも実地され、夜桜も楽しめます。雄大な流れの信濃川と、国上山、そして桜並木と菜の花の鮮やかなコントラストをお楽しみください。毎年4月の第3日曜日には「つばめ桜まつり 分水おいらん道中」を開催。

『つばめ桜まつり期間』
●期間:4月6日(月)〜19日(日)
●見ごろ:4月上旬〜4月中旬
●ライトアップ:18時〜21時
●所在地:燕市五千石地内 
●問い合わせ先:燕市観光協会 
●電話:0256-64-7630

加治川治水記念公園・加治川堤の桜

その昔、6000本の桜が咲き、「東洋一の長堤十里」と呼ばれた桜の名所です。昭和40年代の相次ぐ水害で、その多くが失われてしまいましたが、地元住民をはじめ、かつての桜堤を知る人々が桜の苗木を植えて復元したといいます。
現在では加治川治水記念公園と加治川沿い約14.5㎞にわたり、春には2000本のソメイヨシノが咲き誇ります。満開時は公園の桜のトンネルが圧巻。堤防沿いでは、残雪のある二王子岳と桜やレンギョウの花を眺めながらウオーキングやサイクリングが楽しめます。古い鉄橋を走る電車と桜などフォトジェニックなポイントが多く、鉄道ファンにはたまりません。
開花期間中は「加治川桜まつり」を開催。苗木や地元グルメの露店が並び、夜はライトアップが行われます。各種イベントも予定され、幻想的なひと時が過ごせそう。

「加治川桜まつり」
●期間:4月3日(金)~12日(日) 
●見ごろ:4月上旬~4月中旬
●ライトアップ:18時~22時
●所在地:新潟県新発田市真野原外463-1
●問い合わせ先:新発田市観光振興課
●電話:0254-28-9960

村松公園

3,000本の桜が咲き誇る光景は圧巻

「日本さくら名所100選」や「にいがた景勝100選」では第3位にも選ばれている村松公園。標高103mの愛宕山を中心とした園内は、総面積約37haと広大で、ソメイヨシノを中心とした約3000本が一斉に咲き誇ります。桜の樹齢は古いもので70年とも言われており、見事な枝ぶりは一見の価値があります。また、ピンクの濃いヨウコウザクラなどの艶やかな品種のほか、枝の先に数多くの花がつき、稲穂のようになる希少品種の「穂咲彼岸八重桜」などの珍しい桜も観賞することができます。

愛宕山の展望台から、蒲原平野を一望できるのもこちらの魅力の一つ。『村松公園桜まつり』の期間中には、数多くの露店や売店が出店し、賑わいも楽しめます。昼とは違った趣を楽しめる夜桜も毎年多くの人を魅了します。

『村松公園桜まつり』
●期間:2020年4月2日(木)~19日(日)
●見ごろ:4月上旬~中旬
●ライトアップ:桜まつり期間中の18時~21時30分
●所在地:五泉市愛宕甲2631-1
●問い合わせ先:(一社)五泉市観光協会
●電話:0250-47-8388


いかがでしたか。このほかにも、県内には有名どころから山奥の一本桜まで、桜の名所がたくさん。南北に長い新潟県だけに、北上する桜前線を追いかけて毎週でかけてみてはいかがでしょう?

※本記事は2020年3月1日現在の情報です。内容が変更になる場合がございます。

今回紹介した桜の名所はこちら