高田城址公園

高田城址公園は、徳川家康の六男・松平忠輝公の居城として築城された高田城の跡に整備された公園で、全体が新潟県の史跡に指定されています。
現在の公園の地形は、旧陸軍第十三師団が入城する際、明治40年(1907年)に土塁の大半を崩して堀を埋める工事が行われたことによって出来たものとされています。
公園の面積は約50haあり、市街地の中心部に位置する公園としては、全国的にも有数の規模を誇っています。
園内には、復元された高田城三重櫓や歴史博物館、小林古径記念美術館、高田図書館、小川未明文学館(高田図書館内)などの文化施設、陸上競技場、野球場等のスポーツ施設、岩野勇三ブロンズコーナーやブロンズプロムナード、芝生広場や外堀をめぐる遊歩道などがあり、市民の散策や憩いの場となっています。
また、日本画の大家・小林古径の邸宅や、本丸と二の丸を結ぶ極楽橋も復元されています。
四季を通じてさまざまな表情を見せる高田城址公園。春には桜の名所としても有名です。
公園やその周辺を含めて約4,000本のソメイヨシノが咲き誇り、三重櫓とともにボンボリの灯りに照らし出される美しさは、「日本三大夜桜」のひとつに数えられています。
桜の開花に合わせ、毎年「高田城址公園観桜会」(毎年4月1日~15日)が開催されます。
また、夏にはお堀一面を埋め尽くす蓮を見ることができます。
その規模と美しさから、「東洋一」と称されており、こちらもオススメです(「蓮まつり」7月下旬~8月中旬)。

※令和2年4月1日から高田公園の名称を高田城址公園に変更しました。

高田城址公園周辺(高田エリア)のグルメスポットはこちら

高田公園の桜

  • 夜のライトアップ
    夜のライトアップ
  • 夜のライトアップ
    夜のライトアップ
  • さくらロード
    さくらロード
  • 高田公園の桜
    高田公園の桜
  • 高田公園の桜
    高田公園の桜
日本三大夜桜の一つに数えられる高田公園の桜。
約4,000本の桜が咲き誇り、三重櫓とともにぼんぼりの灯りに照らし出される美しさは、日本でも有数のものとして知られています。
期間中は観桜茶会など様々なイベントが開催されます。

高田公園のハス

  • 高田公園のハス
    高田公園のハス
  • 高田公園のハス
    高田公園のハス
  • 高田公園のハス
    高田公園のハス
  • 高田公園のハス
    高田公園のハス
  • はすの実まんじゅう
    はすの実まんじゅう
夏には外堀を蓮が埋め尽くすように咲き誇り、その規模と美しさは東洋一とも称えられます。
蓮の見頃には「上越蓮まつり」が開催されます。

季節情報

新潟県の桜・お花見ガイドの最新状況 おわり
新潟県の桜・お花見ガイドのシーズン 4月上旬~4月中旬
新潟県の紅葉スポットの最新状況 まだ
新潟県の紅葉スポットのシーズン 11月上旬~11月中旬

基本情報

所要時間1時間
住所新潟県上越市本城町44-1
交通アクセス北陸新幹線「上越妙高駅」からタクシーもしくはレンタカーで10分
えちごトキめき鉄道・妙高はねうまライン「高田駅」から徒歩15分
くびき野バス「高田城址公園入口」下車徒歩1分
上信越自動車道「上越高田IC」から10分
北陸自動車道「上越IC」から15分
駐車場第1~8駐車場 約850台
料金無料

問い合わせ先

問い合わせ先025-526-5111(都市整備課 公園管理係)
関連サイト

このページを見ている人におすすめの記事

PR