佐渡版画村美術館

さどはんがむらびじゅつかん

版画家、故高橋信一氏の佐渡版画運動の成果といっていい、全国でも珍しい版画の美術館です。

佐渡版画村美術館は、旧相川裁判所の建物を利用して1984年に開館しました。
版画家であると同時に優れた教育者でもあった高橋氏は、佐渡を版画の島にと佐渡版画運動を展開しました。
真野地区の山の版画村や相川地区の海の版画村を初め、島内各地に版画グループが生まれ、やがてそれらが結集して佐渡版画村が誕生しました。
館内には佐渡在住の会員たちのが作品350点ほど展示してあります。
会員はアマチュアですが、版画とは思えないほどカラフルで繊細な作品が多く、そのレベルの高さには定評があります。
版画のモチーフは佐渡の自然や歴史が中心で、なによりも佐渡を愛する心が強く、見る者を感動させる作品が揃っています。

基本情報

住所新潟県佐渡市相川米屋町38-2
交通アクセス●両津港より車で60分
●小木港より車で60分
●赤泊港より車で60分
駐車場●普通車:8台(無料)
●大型車:2台(無料)
営業時間●営業期間:3月~11月(12月~2月は休館)
●営業時間:9時~17時(最終入館16時30分)
●定休日:無休
料金【入場料】
●大人:400円
●小中高校生:200円

【版画体験】
●1,500円
 ※所用時間約2時間、要事前予約(10名未満3日前まで、10名以上1週間前まで)?
ユニバーサルデザイン対応車いす対応有

問い合わせ先

問い合わせ先佐渡版画村美術館
電話番号0259-74-3931
FAX番号0259-74-4559
関連サイト

このスポットの近くでできる体験プラン

佐渡エリアの体験プランを探す

このスポットから近い宿泊施設

佐渡エリアの宿泊施設を探す