越後妻有里山現代美術館 MonET(モネ)

えちごつまりさとやまげんだいびじゅつかん もね

豪華作家をむかえ、「大地の芸術祭の里」の拠点に

越後妻有里山現代美術館[キナーレ]は、越後妻有里山現代美術館 MonETモネ(英:Museum on Echigo-Tsumari)に改称し、常設作品の入れ替えを行い、2021年7月22日にリニューアルオープンいたしました。名和晃平、中谷ミチコ、“目”などの著名な現代美術作家をむかえ、「大地の芸術祭の里」の拠点として構えます。

【新作作家】
名和晃平(日本)/中谷ミチコ(日本)/目(日本)/森山大道(日本)/イリヤ&エミリア・カバコフ(ロシア)/マルニクス・デネイス(オランダ)/ニコラ・ダロ(フランス)/ ※順不同
※ニコラ・ダロ作品は8月6日公開予定

また、1階の回廊には、株式会社良品計画がデザイン監修したコミュニティスペー スが誕生。美術館をひととおりご覧いただいたら、本スペースで限定販売する(7月22日~9月20日)米澤文雄シェフ監修の「TSUMARI BURGER~妻有ポークのスペシャルメンチカツ」がお召し上がりいただけます。※8月末まで、水曜定休。9月以降は土日祝のみの販売となります。

感染症対策について

  • マスク着用にご協力ください
  • 咳エチケットにご協力ください
  • 手指消毒にご協力ください
  • 飲食をしないでください
  • 従業員の体調管理徹底
  • スタッフのマスク着用義務化
  • 消毒液常備
  • しっかり換気
  • 施設内消毒清掃
  • キャッシュレス決済
  • 人数制限
  • 間仕切り
  • 飛沫防止シート設置
  • 検温にご協力ください

基本情報

住所新潟県十日町市本町六の1丁目71-2
駐車場●普通車:約360台
●大型バス:可
営業時間10時00分-17時00分 ※芸術祭期間中は9時00分-19時00分(企画展によって変更あり)
●定休日 水曜日 ※芸術祭期間中は無休
料金特別企画展(常設展示含む) 大人 1000円/小中学生 500円
※10月31日までのリニューアルオープン特別価格

このページを見ている人におすすめの記事