越後姫の甘い想い出をつくろう♪長岡東山ふるさと体験農園/長岡市


2021年02月15日 1342ビュー
こんにちは!
子供の頃、いちごをぐちゃぐちゃにつぶし、そこに牛乳と大量の砂糖を投入して超絶甘い「いちご牛乳」を作って飲んでいた、加茂市在住ライターの中林憲司です。
#素材の味をたしなめなかった少年時代

大人も子供も大好きな果物と言えば・・・
そう!「いちご」ですよね!
とくに小さい子供がいちごを食べている姿をみると、なんとなく幸せな気持ちになるのは私だけでしょうか?(可愛くてほっこりします♪)

新潟のいちごといえば、知らない人はいない!といっても過言ではない品種が、新潟ブランド「越後姫」
果肉がやわらかく、酸味が少なく、そして甘味が強いという特徴をもっています。

1月後半から越後姫の収穫シーズンが到来。

「越後姫」を自分で摘み取ってたくさん食べたい!


ということで越後姫の摘み取り体験ができる「長岡東山ふるさと体験農園」へ行ってまいりました。

長岡東山ふるさと体験農園

北陸自動車道、中之島見附I.Cから車で約20分。
4棟の大きなビニールハウスを持つ「長岡東山ふるさと体験農園」
ここでは1万株の越後姫が栽培されており、摘み取り体験を行うことができます。
受付にて摘み取ったいちごを入れる箱とはさみを受け取り、さっそくハウスの中へ!
4棟のハウスは育成具合が調整されており、この日は3号棟、4号棟が開放。
10時オープン直後にもかかわらず、多くの家族連れが訪れていました。
ハウス内に一歩足を踏み入れると・・

いい香りぃぃぃ♪

ハウス内に漂ういちごのいい香りに全嗅覚を持っていかれました。
この場所にいるだけで満足してしまいそう。(暖かいし!)
いい匂いに失いかけていた意識を取り戻し、ふと我が子を見るとさっそく摘み取りを開始していました。

十分に赤く色付いているものや、まだ色づいていないもの、大きいものや小ぶりなもの。
生育具合によって違うさまざまな色・形・大きさのいちごがたくさん。

「これいいかな?」
「いやーまだ早いんじゃない?」
「あ!これ大きい!!」
「おー!それ摘んで摘んで!!」
「(パチン)あ・・・間違えた。」
「オイ!!!(笑)」
「ほら!ハチが花にとまっているよ。」
一生懸命に花粉を運んで働いているミツバチ。
「綺麗で美味しいいちごができるのは、ミツバチのおかげなんだね!」
お!これは食育?
と思いながら、ミツバチの観察を楽しみました。
ちなみにミツバチが人を刺す心配はないそうですのでご安心ください。
「よーし、このくらいにしておこう!」
箱がいっぱいになったところで、摘み取りを終了。
家族でワイワイ言いながらのいちご摘み体験!とても楽しかったです♪
・・この量で、おいくらかな。(ちょっとドキドキ笑)

摘み取った「越後姫」をレジにて量ってもらい清算です。
100グラム250円(税込)での販売。
今日摘み取った分は、重量は685グラム(1,710円税込)でした。
「長岡東山ふるさと体験農園」を経営されている大勝さん。
6年ほど前に前経営者からここを引き継ぎ、ご夫婦お二人で越後姫の摘み取り体験農園として経営されております。

大型ビニールハウスが4棟、全部で1万株の越後姫。
これだけの広さの農園をお二人で管理する大勝さんご夫妻。(すごい!)

実はほぼ休める日はなく、病気にならないように、毎日手をかけてあげる必要があるのだとか。
まさにお姫様を扱うかのように、手間暇かけ大事に育てていらっしゃるんですね!
収穫時期は12月~6月。(摘み取り体験ができるのは例年1月~5月)
6月~9月は育苗期となり、9月に植え付けとなります。
「超促成栽培」により育てられ、12月にはクリスマスケーキなどに使われる越後姫の収穫が開始されるそうです。

土日には一日で100人ほどのお客様が訪れ、5月のゴールデンウィークには例年200人ほどが訪れるのだとか。
意外と長い期間楽しめるのですね!

摘んだいちごは農園で食べる事はできないので、自宅に持ち帰ってからのお楽しみです♪
長岡東山ふるさと体験農園

長岡東山ふるさと体験農園

開催期間:2021年1月16日(土曜日)~5月末迄
住所:新潟県長岡市鉢伏町285
交通アクセス:JR信越本線「長岡駅」より車で約15分、関越自動車道「中之島見附IC」より車で約20分
駐車場:普通車:25台
営業時間:10:00~15:00
料金:<入園料>大人200円(税込)・子供100円(税込)<量り売り>100g220円(税込)~(時期により変動)

越後姫スイーツが買える!長岡市のお菓子屋さん

長岡東山ふるさと体験農園の大勝さんから耳より情報をお聞きしました。
「ここの越後姫をつかったお菓子を提供しているお店もぜひ!」
なんでも農園からほど近い場所にあるお菓子屋さんで、越後姫スイーツを提供されているお店が2店舗あるのだとか!
もちろん立ち寄ってまいりました!

お菓子の茨木屋

長岡東山ふるさと体験農園から車で10分ほどの場所にある「お菓子の茨木屋」
ここで提供されている越後姫スイーツは・・・いちご大福とジャムです!
「越後姫のいちご大福」1個150円(税別)。
餅にいちごがすべて包み込まれていないタイプのいちご大福です。
ふわふわの餅に鎮座するお姫様♪
越後姫の美しい姿を目でも楽しめますね!

実際食べてみると・・・やはり絶品!
越後姫のおいしさは言うまでもなかったのですが、なんといってもお餅の程よいやわらかさ、餡の絶妙な甘さといったらほんとびっくりでした!!
いちご大福ファンなら一度味わってみていただきたい逸品です。
 
「越後姫ジャム」800円(税別)
中をのぞくと越後姫がゴロっと贅沢に入っているではありませんか!
「手間がめっちゃかかっています。」というポップにも惹かれました。笑

茨木屋さんは1909年に創業。100年以上続く地域に愛されているお菓子屋さん。
創業時はまんじゅう屋だったそうですが、現在ではカステラや生菓子など多くの和・洋菓子を取り揃えており、他にも魅力的なお菓子がたくさん並んでいました。
是非お立ち寄りください!
お菓子の茨木屋

お菓子の茨木屋

住所:長岡市中沢3-57-5
営業時間:9:00~19:00
定休日:月曜
駐車場:無し
お問い合わせ:TEL 0258-33-7160

パティスリーカワサキ

もうひとつのお店はケーキ・洋菓子の「パティスリーカワサキ」
ここも長岡東山ふるさと体験農園から車で10分程度の場所にあります。
代表の川崎さんが昭和59年にお店を始められて今年で37年目。商店街の中にある長年地域に愛されているお店です。
越後姫を使ったスイーツがたくさんありました!
越後姫のショートケーキ、フレーズブラン(苺とホワイトチョコレートのケーキ)、越後姫タルト、いちご生ロール・・どれも美味しそう。。
※商品ラインナップは時期により変わる場合があるとの事です。
「うちは大勝さんのところの越後姫しか使っていないんです。」
代表の川崎さんが加工前の越後姫を見せてくれました。
美しい!美女軍団!
ここでは厳選された最高の状態の越後姫がお菓子に使われるんですね。
洋菓子好きのあなた!パティスリーカワサキさんにも是非お立ち寄りください♪
パティスリーカワサキ

パティスリーカワサキ

住所:長岡市台町1-3-14
営業時間:10:00~19:00
定休日:火曜(火曜日が祝日、イベントなどの場合は翌日)
駐車場:あり(2台)
お問い合わせ:TEL 0258-32-0935

「可憐でみずみずしく、新潟のお姫様のよう」
という特徴から名づけられた越後姫。
自宅でとても美味しくいただきました♪

温かいハウスの中でいちごの香りを楽しみながら自ら越後姫を摘み取る!
(冬の時期は特に最高♪)
そんな想い出をプラスした越後姫をたしなんでみてはいかがでしょうか。

今回訪れたスポット

この記事を書いた人
中林 憲司(なかばやし けんじ)

1978年新潟県加茂市出身。サラリーマンからライター&ブロガーに転身し第二の人生をスタート。愛する新潟と人生を探訪中。
「にいがた探訪ブログ」(https://nakabayashikenji.com