絶品フルーツサンド、その美味の裏には最高の食パンあり!「すいもあまいも」/長岡市


2022年04月05日 3776ビュー
見た目が華やかで、断面も美しくSNS映えすると近年大人気のスイーツ、フルーツサンド。ふわふわのパンに色とりどりの果物をはさんだサンドウィッチということもあり海外から伝わったものかと思いきや、じつは日本発祥なのだとか。
長岡市にあるフルーツサンドの店「すいもあまいも」は、他店とはちょっと違うこだわりがあるのです。その美味の秘密に迫りました。

今年3月に2店舗目となるCoCoLo長岡店オープン!

道の駅ながおか花火館のフードコートにフルーツサンド専門店「すいもあまいも」がオープンしたのは2020年9月。今年2月には長岡駅のCoCoLo長岡1階に2店舗目が出店となりました。駅ナカということもあり「ぜひ気軽に立ち寄っておみやげとして買っていってほしいですね」とスタッフの方が話しました。
常時10種類以上のサンドを店頭に用意。季節の旬の素材を使っているため、その時々でラインナップは変わります。北海道産生クリーム、県産フルーツなどパン以外の素材にもこだわりがあります。「お花畑サンド」(600円)は、その名の通り、フルーツでお花を表現した愛らしい一品です。※以下、記載する価格はすべて税込
じゃーん! こちらがお花畑サンド。花びらをミカン、茎をキウイフルーツ、葉っぱをブドウで表現しています。
食べるのがもったいない可愛らしさですよね。
取材時に店頭に並んでいたのは、お店のいちばん人気でありフルーツサンドの定番「いちごサンド」、ほかにバナナ、メロン、パイナップル、オレンジなどがありました。
ほかに最近話題のスイーツ、マリトッツォ(350円)もあります。エディブルフラワーをあしらったマスカルポーネクリームタイプと、チョコレートクリーム、クッキークリームの3種類が並んでいました。

この春の新商品

気になる一品を発見。その名も「お花見BOX」(980円)です。こちらは春限定の新商品。お花見などのちょっとしたお出かけにピッタリの商品で、一箱に5種類のサンドが入っています。その内容は、抹茶クリーム苺、あんこ生クリーム、胡麻クリーム、生クリーム栗、そしてなんと生クリームみたらし団子!
生クリーム+おだんご+みたらしあん…果たしてどのようなお味かというと、これが以外にも甘さ控えめで絶妙にマッチしていました!いつ終了するかは未定ですが、4月中は販売されているそうです。
もうひとつ、最近発売になったものがあります。それがこちらのフルーツサンド。
通常の大きさの半分のものを2種類合わせて1パックにしました。「ちょい食べ」でいろいろ楽しみたい女子にはうれしい商品です。実際に、こちらは若い女性に人気があるそうですよ。
価格ははさんであるフルーツによって違います。(越後姫&ミカン・500円、パイン&メロン・430円)
ほかに焼き菓子なども展開。ひとくちサイズなので観光に来た人が駅に立ち寄って、小腹が空いたときに手軽に甘い物をちょっと……というときにもピッタリですよね。

おいしさの秘密、製造現場に潜入

「すいもあまいも」を運営するのは飲食店を多店舗展開する「ベーカーズ・ダズン」という会社。パン・ド・ネイブル(見附市)、ドルチェ・ヴィータ(長岡市)というベーカリーに続いての出店になります。ちなみに道の駅ながおか花火館のフードコートに「長岡スパゲッティ市場」もオープンしたばかり。
道の駅ながおか花火館にある「すいもあまいも」1号店でフルーツサンドを作っているということで、厨房を訪ねてみました。ベーカリーの強みを生かして既成食パンではなく、自家製パンを使っているのが特徴。オーナー曰くずばりクリームや果物だけでなく「パンもおいしいところが当店の強みであり他店とは違うところ」だそうです。可愛らしいピンク色の生地の食パンを使うなど、ベーカリーらしい商品サービスも展開しています。
まずはパンを並べてクリームをたっぷりと載せていきます。
そこにフルーツを並べます。
それをもう1枚のパンでサンドしてラップでくるみます。この後しばらく時間を置くことで、生地と素材がなじんでカットしたことであのキレイな断面ができるのだそう。そのため作ったばかりのものはカットできませんが、すでに準備しておいた別のサンドを特別に切ってもらいました。
パッと見るとモコモコと丸く中央が盛り上がったサンドウィッチに見えますが、それをカットしてみると見事なフルーツサンドになります!
スタッフの方曰く、作る前にラフスケッチなどイラストを描いてデザインすることはないとか。頭の中で想像しながらフルーツを並べているため、どのように仕上がるのかはカットしてみるまでは分からないそうですが、それでこの仕上がりは見事ですね。

おいしいパン屋巡りはいかがでしょうか

フルーツサンドで使われている絶品食パンは「ベーカーズ・ダズン」が経営する2店のパン屋さんで作られています。そのお店も訪ねてみました。まずは長岡市内の「ドルチェ・ヴィータ」から。
ティータイムにおすすめのパン「森の切り株フレンチ」(150円)など、手描きのPOPでおすすめ商品が書いてあるのも楽しいですね。人気ランキング、今売れているパンなども、POPで紹介されています。こちらはイートインコーナーがあり、店内でゆっくり食べることもできます。
お隣の見附市にあるのが「パン・ド・ネイブル」。南欧風の建物が目印です。いちばん人気は「もちもちネイヴル食パン」。1斤310円です。ほかに胚芽や雑穀を入れたもの、フルーツサンド用に開発されたふわふわの生食パンなども販売しています。
※ドルチェヴィータにも同商品あり
店内には人気パンランキングが掲示されていて、3位のミックスサンド(280円)、5位のボックスサンド(420円)にもこちらのもちもちネイヴル食パンが使われているそうですよ。
ちなみに道の駅ながおか花火館の「御貢屋」で販売されている「高級食パン」も作っているそうです。最近は、観光地巡りをしながらパン屋をたずねる紀行番組も作られています。旅行で長岡市に来たついでに、ぜひ駅ナカの「すいもあまいも」を起点にパン屋巡りをしながら観光をしてみていはいかがでしょうか。

■すいもあまいも CoCoLo長岡店
 住所:新潟県長岡市城内町1-611-1
 TEL:080-7121-5800
 営業時間:午前11時から午後7時
 休日:なし

■すいもあまいも 道の駅「ながおか花火館」店
 住所:新潟県長岡市喜多町70
 営業時間:午前11時から午後7時
 休日:なし

■しあわせパン工房 パン・ド・ネイブル
 住所:新潟県見附市葛巻1-1679-1
 営業時間:午前7時から午後7時
 休日:水曜日

■ドルチェ・ヴィータ
 住所:新潟県長岡市喜多町2983
 営業時間:午前7時から午後7時
 休日:火曜日

エリア

長岡・柏崎エリア

カテゴリー

グルメ
この記事を書いた人
aco-akko

アート、映画、文学、建築、カフェ巡り、旅行が大好き。 日常にあるキュートなものを見つけるべく日々アンテナを巡らせています。