春になったから営業開始!? 世にも稀有なスキー場で新緑の滑走体験「奥只見丸山スキー場」/魚沼市


2024年04月27日 1142ビュー
異例の寒さが続いた3月が終わり、一気に春めいてきた4月。雪深い山里にも桜の季節が訪れています。
一般的にはスキーシーズンは終わりを告げていますが、実は厳冬期は休業、豊富な積雪量を活かして3月下旬から再びオープンして5月のGWいっぱいまで営業を続けているスキー場があります。

それが新潟県魚沼市の山中にある『奥只見丸山スキー場』です。
奥只見丸山スキー場は、新潟県と福島県の県境に近い場所に位置する山深い地に水を湛える奥只見湖(銀山湖)の標高1,242mの丸山の北東斜面にゲレンデが広がっています。

このスキー場はなんと、雪の豊富なハイシーズンは営業しないと有名なのです。
奥只見丸山スキー場は新潟でも屈指の豪雪エリアであるが故に、12月から正月まで営業したのちに一旦クローズして、3月下旬から5月まで春営業としてオープンするのです。

シルバーラインを抜けてたどり着く「奥只見丸山スキー場」

スキー場へアクセスするためには「奥只見シルバーライン」を通る必要があります。

この道路は全長22kmで、そのうち18kmがトンネルであり、残りの部分もスノーシェッドが雪崩対策として設置されています。昭和32年に開通したこの道路は、奥只見ダムと奥只見発電所の建設用に造られました。

この地域は豪雪地帯ゆえに5ヶ月もの間雪の影響を受けます。しかし、ダム建設を急がなければならなかったため、雪でも資材を運べるようにトンネル道路が整備されたのです。
当時は現在のような大型の掘削機がなかったため、ダイナマイトを使って岩を破壊し、人力で掘り進めるという困難な工事が行われました。

13号湯ノ沢トンネルの一部では、現在でもコンクリートで覆われていない「素掘り」の状態の箇所も見ることができます。この道路は昭和30年代の雰囲気を今も残しており、貴重な歴史的な道路と言えます。

最近では、トンネル内の照明やカーブでの案内灯が改善され、ドライブしやすくなったと感じられます。
シルバーラインを抜けて、スキー場の駐車場に到着。対面には奥只見ダムが見え、圧巻の景色です。
準備をしてゲレンデへ向かいました。奥只見丸山スキー場内には宿泊施設が併設しており、体育館が無料休憩所の役割も果たしています。ゲレンデは、丸山・カモシカ・ブナ平・八崎の4つのエリアに初級から上級の10コースがあります。融雪が進み、今回訪れた際は7コースが滑走可能でした。
山頂の丸山ゲレンデには、各地のスキー場でも人気上昇中の「バンクドスラローム」のコースがあります。バンクドスラロームとは、カーブした壁が連続する形状のコースです。ここではバンクの壁がしっかりと高く形成されているため、滑りごたえがあり、楽しむことができました。

朝イチの雪面は少し硬めで、氷の粒を感じるざらめ雪でした。この春は通常よりも気温が高いため、雪質はすぐにやわらかいシャバシャバの水分の多い雪(シャバ雪)に変化しました。
春は雪面が柔らかくなり、転んでもあまり痛くないし、軽装でも過ごしやすい気温です。そのため、身体もよく動きます。この時期は新しいトリックを試すのにも最適です。スキー・スノーボード初心者にとっても、春はやさしくて楽しむのには適したシーズンです。

銀山平の宿で「温泉と郷土料理」に舌鼓

スキー場から約20分の距離に位置する銀山平。シルバーラインを小出方面へ戻り、途中で左折して、トンネルの外へ。雪解け水で澄んだ川の青さ、新緑、そして越後駒ヶ岳と中ノ岳の壮大な景色が目の前に広がりました。

そして、今日の宿「銀山平温泉 奥只見山荘」に到着しました。このエリアには4軒の宿泊施設しかないそうです。
宿内には内湯と露天風呂が完備されています。銀山平温泉の泉質はアルカリ性単純温泉で、適応症として神経痛、筋肉痛、関節痛などがあると言われており、遊び疲れた体を癒すのに最適です。

徒歩2分の場所には日帰り入浴施設の「白銀の湯」もあり、檜を使った浴槽や屋内に木の温かみが感じられました。
この宿の自慢は、地元の食材を使った和食とイタリアンの創作料理です。

うどのきんぴら、こごめのごま和えといった山菜を使った前菜から始まり、サクラマスのカルパッチョなど自然の恵みを贅沢にいただけました。全国に誇るうまい米と言われる魚沼産コシヒカリの出汁茶漬けの〆と、このエリアの魅力がギュッと凝縮された食事を堪能できることに、頬が緩んで仕方ありません。

舌も胃袋も喜び、日中のスノーボードの疲れも吹っ飛んでしまいました。
春の陽気と柔らかい雪は、エキスパートはもちろん、ビギナーも笑顔で楽しめます。

奥只見丸山スキー場は、5月6日までの営業を予定しています。新緑と雪のコラボレーションが体験できる貴重な場所。心も身体も満たされるような素晴らしい時間を奥只見エリアで過ごしてみてはいかがでしょうか。
奥只見丸山スキー場

奥只見丸山スキー場

期間:2024年3月20日(水曜日)~2024年5月6日(月曜日)
時間:8時30分~16時 ※土曜日・日曜日・祝日:8時~16時
場所:新潟県魚沼市湯之谷芋川字大鳥1317-3
問合:奥只見丸山スキー場
電話:025-795-2750

この記事を書いた人
BRAVO MOUNTAIN

登山、スキー、キャンプなど、幅広いジャンルの外遊びをお届け。アウトドア情報サイト『BRAVO MOUNTAIN』(ブラボーマウンテン)。
https://bravo-m.futabanet.jp/