出てよし!見に来て良し!魚沼国際雪合戦/魚沼市


2019年01月09日 80ビュー
こんにちは。
FMうおぬま 覚張です。

年末寒波で新潟の冬らしくなってきましたね。

魚沼市も積雪が30センチを超え、いよいよウインタースポーツシーズン到来といったところでしょうか?
スキー・スノボも良いですが、雪国らしいこんなイベントのご紹介です。
今年で31回目を迎える【魚沼国際雪合戦】毎年全国・世界津々浦々から、雪玉投げたいピープルが集う人気イベントです。

開催は2月10日(日) 魚沼市小出郷文化会館 雪のコロシアム

小出郷に古くから伝わる「雪合戦」は、その起源を戦国時代へと遡ることができる。

天文4年(1535年)の初春、まだ大地が雪で覆われていた頃、越後の雄"長尾為景"と"上杉定憲"の争いは領土全土を戦乱の渦に巻き込んでいた。 小出郷も「一本杉の戦い」と呼ばれる局地戦が昼夜を徹し行われ、矢尽き 刀折れ、疲れ切った双方の将は、相手を物凄い形相で睨みつけたまま雪原に膝をつき肩で息をしていた。

・・・・その時である!

長尾為景は握りしめた雪玉を相手に投げつけた。額に受けた上杉定憲もとっさに雪を投げ返した。

・・・・これが現代の日本で認識されている最古の雪合戦の記録である。

「一本杉の戦い」は勝負を決することなく終わったが、この模様は目撃した領民に語り継がれ、やがて「雪合戦」は武芸のひとつとして確立することとなる。

平成の年「雪合戦」は復活。それは雪国小出の独自の文化と精神の復活である。   
・・・・かな?
・・・何はともあれ、毎年満員御礼の【魚沼国際雪合戦】

優勝目指して勝手に地区大会までやってしまう熱烈なファンや、今年は運営側スタッフとして競技を盛り上げてくれる歴代出場メンバー、ただただ目立ちたいコスプレ重視のメンバー。

それぞれが大会の楽しみ方を作ってくれているようです。
そして、なんと言ってもこのうおぬまの地で開催する特典は魚沼産コシヒカリ食べ放題!!
インスタ映えはしませんが、味は120%保証できます。
その他飲んで食べてのまんぷくグルメが目白押しとのことです。大会に参加しなくても、見るだけ飲むだけ食べるだけ大歓迎です。

また、ほかにも当日会場では、ご家族でも楽しめるイベントが盛り沢山となっています。
ご家族、お友達、みんなこぞって会場へ足を運んでみてください!!
魚沼国際雪合戦大会

魚沼国際雪合戦大会

場所:新潟県魚沼市干溝1848-1
問合:小出雪まつり実行委員会
電話:025-792-9754

エリア

湯沢・魚沼エリア

カテゴリー

イベント

季節

この記事を書いた人
FMうおぬま

PR