長岡戦災資料館

ながおかせんさいしりょうかん

長岡空襲の惨禍を伝える

長岡空襲の惨状を伝えるさまざまな資料を展示し、平和の尊さを次世代に伝える資料館です。
燃え上がる炎の中を逃げ惑い、血のにじむ思いで戦後を生き抜いてきた空襲体験者は高齢化し、いまや市民の多くが戦後生まれの世代となりました。
いま、豊かさと活気にあふれた長岡のまちで、私たちは平和をあたりまえのこととして暮らしています。しかし、世界にはいまだに戦禍に苦しむ人々が絶えません。こうしたことをよその国のことと考えずに、地球市民として平和を願いながら、関心を寄せていくことが、今を生きる私たちに求められています。
平成15年7月、長岡空襲の惨禍を記録・保存し、伝えていくため、長岡戦災資料館を開設しました。
ここは、長岡空襲を語り継いでいくための市民活動の場です。長岡空襲を体験された市民と、戦争を知らずに育った戦後世代の市民とが、それぞれに力を出し合い、平和のために一緒になって活動し、次の世代に平和の尊さを伝えていきます。

基本情報

住所新潟県長岡市城内町2-6-17
交通アクセスJR「長岡駅」より徒歩5分
駐車場なし ※周辺の有料駐車場をご利用ください。
営業時間9時~17時 ※最終入館は16時30分まで
料金無料
備考休館日:毎週月曜日(その日が祝日に当たるときはその翌日)、年末年始

問い合わせ先

問い合わせ先長岡戦災資料館
電話番号0258-36-3269
FAX番号0258-36-3335
関連サイト