新潟駅に食文化発信施設「CoCoLo 西 N+」オープン!


2018年04月19日 607ビュー
こんにちは。とも です。
4月15日に新潟駅の在来線の一部が高架化しましたね。

上越新幹線「とき」と在来線特急「いなほ」の同一ホーム乗り換えが可能になり、より利便性が高まりました。

それにあわせ、新潟駅西改札近くに商業施設が新しくオープン! その名も「CoCoLo 西 N+(こころにしえぬぷらす)」。

さっそく、新しくなった新潟駅を見学してきました。 ε=ε=ε=ε=(っ・ω・)っ ブーン

まずは新しくなったホームを見てみることに。
うわぁぁぁぁ

1番線が無くなってる!!!!!!
ホームがどう変わったのかというと。

1番線~4番線のホームが廃止となり、新しくできたホームの2番線~5番線を利用します。
8番線、9番線は変わりありません。
新幹線と在来線の間に設置された新しくできた改札口。
なんか...新潟駅じゃないみたい。(゚Д゚≡゚Д゚)
不思議な気分です。
階段の先は高架化された新しいホーム。
どんな風になってるんだろう。ドキドキ。
こちらが新幹線と在来線をつなぐ改札口。

な... なんだって。
新潟駅で「メロディ音」が流れてるだと!? ヽ(゚Д゚;)ノ

たしか新潟の電車の発車音と言えばプルルルルルルルルル...だったはず!
高架化されたホームは、メロディ音が導入されたのだそう。
すごく新鮮な気持ちになりました。
そうそう、女子トイレが素敵でびっくりしました。
同行したスタッフによると男性のトイレも素敵らしい。

ひとしきりエキサイトしたところで、本題の「CoCoLo 西 N+」へ。
場所は西口改札を出てすぐのところ。
昔、ヨドバシカメラがあった場所ですね。
ぽんしゅ館がいっぱい増えてる!!ヽ(゚Д゚○)ノ

まずは、ぽんしゅ館コンプレックスからのぞいてみます。
こちらは新潟食の文化交流拠点だそう。
コシヒカリで握る贅沢なおにぎりやお米の販売をしています。
風呂敷で包んだお米が個人的にはお気に入り。
お米のお土産って重たくて持ち帰るのが億劫になりがちだけど、これなら手軽でいいかも。
しかも可愛い。←超重要。

お米以外にも思わず買いたくなるお土産がずらり。
おしゃれで可愛いものがいっぱい!セレクトにこだわりを感じます。
角打ちBarもありました。
日本酒をおちょこ1杯から注文可能。
おつまみも充実しているので、ふらっと立ち寄るにはもってこい。

また店内には、ベーカリーがあるのでパン好きの方にはぜひ立ち寄っていただきたいです。
小麦粉をはじめとする素材にこだわったパンがずらり。
スタバのコーヒーとあわせても。
ぽんしゅ館クラフトマンシップでは、キッチン、リビング、ステーショナリーを中心に販売。
普段使いのイイ道具、歴史を重ねたイイ道具、使う人を豊かにするイイ道具がそろっています。
若手料理人による新しい料理の提供や食材の使い方をレクチャーするキッチンスタジオなんてのも。
その名も「Km-0 NIIGATA LAB」
今日のライブキッチンは車麩のフレンチトースト。
美味しそう~~~~~♡
次回はライブを見てみたいです。
みなさんもぜひ足を運んでみてくださいね。
この記事を書いた人
とも

2児の母。O型。大雑把な性格。おでかけの計画を立てるのが苦手。「何とかなるでしょ」と見切り発車してよく予定がズレこむ。