ゲームで!リアルで!この冬は人生ゲーム「ゴールデンドリーム」で遊ぼう/佐渡市


2022年12月28日 657ビュー

超ゴージャスな気分に浸れる人生ゲーム「ゴールデンドリーム」

じゃーん!誰もが一度は遊んだ、もしくは耳にしたことがあるだろう「人生ゲーム」。
1968年に発売。ゲームのコンセプトやカラフルなパーツ、そして「ルーレットを回す」という画期的なゲーム手法が話題となり大ヒット。
今も多くの人に愛されている超ロングセラーなボードゲームです。
現在はキャラクターとのコラボなど、様々なシリーズが発売されています。

そのひとつ、10月に発売した新商品「ゴールデンドリーム」は、その名の通りお宝探しがテーマ。
金色に輝く黄金の島❛ゴールデンアイランド❜で一攫千金を目指します。
盤やルーレット、パーツも金バージョンととってもゴージャス。気分を盛り上げます。

そして、金の島 佐渡ともなにやら所縁があるそうで。んん?それは気になる。
ということで、早速ゲームを体験してみました。
会場は佐渡の真ん中 金井にあるボードゲームスポット「ボードゲームプレイス721」。
ゲーム好き女子4名が協力してくれました。
みなさん人生ゲームで遊ぶのは久しぶりとのこと。ルーレットを見て懐かしい~と早くも盛り上がります。
この盤独自のルールもあるようなので、まずは取説で確認します。
ボードゲームプレイス721

ボードゲームプレイス721

住所 佐渡市千種84-1
営業時間 昼の部 13:00-17:00 夜の部 19:00-23:00
料金 500円

※営業日、ゲーム企画などは事前にtwitter(@gameplace721 )でご確認ください

人生ゲームといえばこのお札。憧れのドル札ですね。
初めて手にしたときはワクワクしたなぁ。
金色に輝く100万ドル札!紙質もしっかりしていて、見ているだけでリッチな気分に。
 
そしてこれが「ゴールデンアイランド」!立体模型のエクストラステージです。
どことなく佐渡の形に似ているような・・・?
島のつくりは3層になっていて、上に行くほどお宝のレア度があがります。
盤からこの島にどうやって行けるのか、気になりますね。
そのゴールデンアイランドのお宝カード。
何をゲットできるかが勝敗を大きく左右しそうですね。
レア度の高いVIPゾーンの中でも、一番高価なお宝カード「金星の土地」。
だれがゲットするのか!
ゲームルールを一通り把握したところで、ゲームを始めることにしましょう。
それぞれ好きな色をセレクトした車、刺すピンはゴールドです♪
いよいよゲームスタート!
ルーレットをキュルキュルっと勢いよく回します。
スタート直後は職業選択のマス。イマドキな業種が並んでいますねー。
ゴールデンアイランド行きのマスは結構ありますが、1段目の旅行ゾーンや2段目の冒険ゾーンが多く、3段目のVIPゾーンにはなかなか行けません。
途中にあるストップマスのルーレットチャレンジは貴重なチャンス!
ゴールデンアイランドに上陸しました。
ここでルーレットを回し進んだコマのアイテムをゲットできます。
ただしアイテムは1点限り。早い者勝ちです。
良いことばかり続かないのが人生ゲームの魅力の一つ。
おなじみの火事被害のマス、なんと全員が引っかかるというアクシデント!
火災保険に入っておけばーという悲鳴も聞こえてきました。
1番乗りでピンクがゴール!
しかしゴールが早いが勝ちとならないのが人生ゲームの面白さ。
むしろ後からゴールのほうがチャンスが多く、より楽しめます。
全員がゴールしました。
早速これまでの賞金やお宝カードを換算します。
勝者は誰の手に!
 
やはり「金星の土地」カードが勝敗を左右しました。
100万ドル紙幣もゲットして、見事優勝です♪おめでとうございます。

参加者が向き合い、会話をしながら遊べるのがボードゲームの魅力。
人生と同じく山あり谷ありのマスに、4人とも大いに笑い盛り上がりました。
久しぶりの人生ゲーム、大人になってから遊ぶとまた違った面白さがあります。
まもなく冬休み。
家族で、友人同士で、こたつに入りながらのんびり楽しんではいかがでしょう。

「ゴールデンアイランド」をリアルに巡ってみた

ところで、このゲームと佐渡のつながり、気になりますよね。
ゲームの商品化にあたり、発売元のタカラトミーさんからコラボレーションの提案を受け、エクストラステージ ゴールデンアイランドの佐渡島バージョンを制作。
マス目の項目は島の子供たちからもアイデアをもらい、佐渡の魅力をたっぷり盛り込みました。
ならばマス目の指示を参考にリアルでゴールデンアイランドを体験してみよう、ということで、早速シートが配布されている両津港の観光案内所へ。
佐渡汽船ターミナルにも佐渡島バージョンの大きなボードが展示されていましたよ。
佐渡版のシートは案内所の入り口近くに置かれていました。
このシートはスタンプラリーもなっていて、両津 相川 小木 3か所の観光案内所に置かれたスタンプを押して応募すると「純金の自動車ゴマ」(銀の人物ピン2本つき)が1名に当たるそうです。
純金!まさに黄金の島佐渡ならではのお宝ですね。

 
佐渡観光交流機構 佐渡観光情報案内所

佐渡観光交流機構 佐渡観光情報案内所

住所 佐渡市両津港353 両津港佐渡汽船ターミナル2F
TEL 0259-27-5000
営業時間 8:30~17:30

スタンプも金色(笑)。とことん金にこだわっています。
これがゴールデンアイランドの佐渡島バージョン。
両津のスタンプを押し、マスの指令に沿ってリアルゴールデンアイランド巡りに出発です!

佐渡の宝「トキ」からスタート!

まずは両津近辺のスポットを巡ります。
佐渡といえばトキ。野生復帰が進み今では400羽以上が自然界に生息しています。
スタートは佐渡のトキを語るうえで欠かせない「トキ保護センター」があるトキの森公園に決めました。
 

トキ保護センター

両津港から15分ほどでトキの森公園に到着。
トキ保護センターに併設されている展示資料館に向かいます。
ここには、佐渡トキのシンボル キンちゃんのはく製が展示されています。
36歳まで生きて島のトキの歴史をつないでくれました。
まさにお宝「金(キン)のトキ」ですね。
トキの森公園には、トキの見学ができる「トキふれあいセンター」もあります。
現在2羽のつがいが暮らしています。
春にはヒナ誕生に出会えるかな?
トキの森公園(トキ保護センター トキふれあいプラザ)

トキの森公園(トキ保護センター トキふれあいプラザ)

住所 佐渡市新穂長畝383-2
TEL 0259-22-4123
営業時間 8:30-17:00(最終入場16:30)
定休日 年末年始 12月-2月 月曜 3月-11月 無休

佐渡乳業のソフトクリーム

続いて向かったのはトキのパッケージでおなじみの佐渡牛乳を作っている佐渡乳業。
名物のソフトクリームをいただきます♪

佐渡乳業 みるく・ぽっと

佐渡乳業入り口にある「みるく・ぽっと」。
ここのソフトクリームがおいしいと評判になり、佐渡ドライブの立ち寄りスポットとしても定着しました。
佐渡産ミルクたっぷりのまろやかなくちどけ。
 
佐渡牛乳定番のコーヒー牛乳もソフトクリームで味わえますよ!
コーヒーソフトクリームは、カマンベールソフトと隔月で販売。
奇数月がカマンベール、偶数月がコーヒーソフトクリームだそうです。
佐渡に来たらぜひ味わってみてくださいね。
みるく・ぽっと(佐渡乳業直売所)

みるく・ぽっと(佐渡乳業直売所)

住所 佐渡市中興122-1
TEL 0259-63-3151
営業時間 10:00-16:00
年中無休(1月1日除く)

佐渡のショッピングタウンでお宝スニーカーを探せ!

スタンプラリー 次の目的地、相川に向かう途中、佐和田にある「佐渡セントラルタウン」に立ち寄ります。

佐渡セントラルタウン

佐渡セントラルタウンは、佐渡で一番大きなショッピングセンター。
大型スーパー「マルイ」や佐渡の特産品を扱う八百屋 喜右エ門(きえもん)など、佐渡観光にも便利なスポットです。
シューズショップはマルイの真向かいにあり、スニーカーの種類も充実しています。
お宝の激レアスニーカーも見つかるかも?
佐渡セントラルタウン

佐渡セントラルタウン

住所 佐渡市窪田6−2
営業時間 10:00-20:00 (スーパーマルイは9:00-21:00)

相川観光案内所

スタンプラリー 2か所目 相川の観光案内所に到着です。
案内所は佐渡金銀山ガイダンス施設「きらりうむ佐渡」の中にあります。
早速スタンプをペタン。
佐渡観光交流機構 相川観光案内所

佐渡観光交流機構 相川観光案内所

住所 佐渡市相川三町目浜町18-1
TEL 0259-74-2220
営業時間 8:30-17:30

佐渡 ゴールデンアイランドの発祥地 相川

ゴールデンアイランドの由来となった佐渡金銀山のある相川。
マス目に書かれている3スポットを順に巡ります。

史跡 佐渡金山

最初は佐渡金山。ゴールデンアイランド巡りであればここに来なければ話になりませんね。
江戸時代の作業風景が再現された「宗太夫坑コース」と明治時代以降の近代的な遺産群を見学できる「道遊坑コース」があります。
写真は道遊坑コース。トロッコのレールが当時のまま残されています。
道遊の割戸の真下も見学できます。
史跡 佐渡金山

史跡 佐渡金山

住所 佐渡市下相川1305
TEL 0259-74-2389
営業時間 8:00-17:30(4月-10月)、8:30-17:00(11月-3月)
年中無休

北沢浮遊選鉱場跡

次は「北沢浮遊選鉱場跡」。フォトジェニックスポットとしても有名ですね。
夏の緑生い茂る風景が有名ですが、冬の荒涼とした雰囲気もカッコよいですよ。
雪景色の遺構も神秘的です。
人気のライトアップ、冬も開催していますよ。(令和4年度は2月28日まで)
ただし現地はかなり寒いので、暖かい格好で見学してくださいね。
北沢浮遊選鉱場

北沢浮遊選鉱場

住所 佐渡市相川北沢町3-2
ライトアップ 2月28日まで 17:00-22:00

日本海の荒波

ラストは日本海の荒波。
大陸側の相川の冬は、佐渡の中でも厳しい自然環境。
海も時化の日が多く、ダイナミックな海景色を見ることができます。
自然が作る芸術、冬ならではの楽しみですね。

お宝リンゴを探しにフルーツアイランド 西三川へ

スタンプラリーラストは小木。
相川から小木に向かう途中にある西三川地区は、リンゴやスイカなど果物の栽培が盛んなフルーツアイランド。
そこでお題の黄金のリンゴを探します。

西三川くだもの直売センター

佐渡では観光向けにリンゴ狩り体験をおこなっているところはないため地域の果物が集まる「西三川くだもの直売センター」へ。
その旬の果物や野菜がお手頃な価格で販売されています。
秋から冬はリンゴがメイン。店内にはそれぞれの果樹園で作られた様々な品種のリンゴがたくさん。
今年は台風などの影響も少なく品質も上々。甘くてジューシーなリンゴは❛黄金の味❜ですね。
西三川くだもの直売センター

西三川くだもの直売センター

住所 佐渡市田切須517-4
TEL 0259-58-2045
営業時間 10:00-18:00(1月2月は10:00-17:00)
年末年始および果物未収穫期間 休み

佐渡で❛ゴールドラッシュ❜

億万長者を夢見て!?佐渡の金を見つけに行こう。
ということで砂金とり体験ができるスポットへGO!

西三川ゴールドパーク

ということで、やってきたのは「西三川ゴールドパーク」。
残念ながら12月1日より冬季休館中でしたが、歴史ある西三川砂金山の麓にたつこの施設は、砂金取りをはじめ金のことならなんでも分かる体験型資料館です。
3月から営業開始とのことなので、春になったら来ようっと。
佐渡西三川ゴールドパーク

佐渡西三川ゴールドパーク

住所 佐渡市西三川835-1
TEL 0259-58-2021
営業時間 8:30-17:00(5月-8月は8:30-17:30)
令和4年12月1日-令和5年2月28日 休み

たらい舟に乗って北前船の時代にタイムトリップ

小木に到着。
この一帯は北前船の寄港地として栄えました。
今も小木の町や宿根木に名残があります。

たらい舟力屋観光汽船

また、この地域は佐渡名物「たらい舟(はんぎり)」が盛んです。
ほとんどが春~秋の営業ですが、比較的波が穏やかな小木港湾のたらい舟は冬場も営業しています。
訪れた日は雨模様だったので乗船はあきらめましたが、今度はたらい舟から小木の町なみをのんびり眺めたいと思います。
たらい舟力屋観光汽船

たらい舟力屋観光汽船

住所 佐渡市小木町1935
TEL 0259-86-3153
営業時間 3月-10月下旬/8:20-17:00、10月下旬-11月下旬/8:20-16:30、11月下旬-2月/9:00-16:00
年中無休

南佐渡案内所

小木港近くにある南佐渡観光案内所に到着。
3か所目のスタンプを押してラリー終了です。
佐渡観光交流機構 南佐渡観光案内所

佐渡観光交流機構 南佐渡観光案内所

住所 佐渡市小木町1935-26
TEL 0259-86-3200
営業時間 8:30-17:30

じゃーん!スタンプラリー制覇しました。
佐渡版リアルゴールデンアイランドで巡る佐渡旅、楽しかったー♪
スタンプラリーの応募は2023年の5月31日まで有効なので、冬はもちろん春の来島でも十分間に合います。
佐渡版のシートは基本佐渡でしか入手できない(イベント等で配布があるかも!?)そうなので、佐渡に来たらぜひチャレンジしてみてくださいね。
 
佐渡には他にもこんなボードゲームもありますよ!

人生ゲーム「ゴールデンドリーム」

この記事を書いた人
non

小千谷→東京→朱鷺に惹かれて佐渡移住7年目。オカメインコを相棒に”しなしな”暮らしています。佐渡や新潟の旬、話題、グルメ・・・あれやこれや発信していきます。