ここはアメリカ!?輸入家具とダイナーで宝探し気分が味わえるBLASTMANに潜入/三条市


2023年08月15日 2568ビュー
こんにちは!フリーライターの竹内ありすです。

昭和歌謡を聴くのが好きな私ですが、なつかしのアメリカンポップスも好んで聴いています。そして、「この曲が生まれた時代を生きてみたかった!」といつも思うのです。

以前から、そんな古き良きアメリカの世界観に浸れるスポットがあると知って気になっていたのが三条市の「BLASTMAN」。どんな空間が広がっているのか、どんな楽しみ方ができるのかをご紹介します!

ぜひ、アメリカンポップスを聴きながら記事をお楽しみください。

BLASTMANに到着!

北陸自動車道三条燕インターを降りて車で4分。

大きな「BLASTMAN」の文字と、ベティちゃんが出迎えてくれました!
ここは去年4月にオープンした三条市の「BLASTMAN」。広い敷地に駐車場があり、そのまわりをガレージが取り囲んでいます。
入口を見るだけでワクワクが止まりません。いろんな雑貨が置いてある!まるで宝探しをしにきた気分です。
社長の張益(ちょう・まさ)さんに案内していただきましょう。よろしくお願いします!

「ここには2つの倉庫型店舗とダイナーがあります。ご案内しますね!」

海外のビンテージ家具雑貨を販売する第一倉庫

まずやってきたのは、第一倉庫です。入口にはビッグサイズなアメリカ国旗がどどん!

インパクト大ですね!!
すでにおもしろそうな雑貨がずらりと並んでいて、期待が膨らみます。

倉庫の中に進むと…
こんな空間が広がっていました!
すごい!思わず写真を撮りたくなるボリューム感です。
「PHOTO OK!たくさん撮ってください!」のパネルも嬉しいですね。(撮影するときは、他のお客さんのご迷惑にならないように!)
思わず足を止めてしげしげと眺めてしまったこちらのコーナー。

みなさんもハンバーガーショップなどで見かけたことはありませんか?お酒の銘柄が書いてある壁掛けの「パブミラー」や
レトロな雰囲気が漂う連結イス。これは映画館で使われていた座席なのだそう。
訪れてみるとガレージの大きさに改めて驚かされます。この空間に所狭しと並べられている雑貨、一体どうやって集めたのでしょうか?
なんとこちらの雑貨は、ほとんどがアメリカから買い付けてきたアイテムなのだそうです!

年に2回ほど買い付けに出かけるのだと教えていただきましたが、この日もちょうど張さんの奥さまと、ご両親である会長ご夫妻がアメリカに行っているところでした。
そもそも「BLASTMAN」をはじめたのは、もともと会長がアンティーク好きだったことがきっかけなのだそう。雑貨をコレクションする趣味が高じ、こうして販売をするようになりました。

「会長たちは今、ちょうどベニスビーチにいるみたいですよ」と、張さん。

今回の買い付けではどんなアイテムに出会ったのかが楽しみ!
買い付け先はアメリカですが、ヨーロッパの雑貨も揃っているのだとか。
こだわって選ばれたビンテージ雑貨の数々は、飲食店のオーナーさんが店舗に置く家具として、またご自身のガレージでコレクションをする趣味を持つ方などにも喜ばれているのだそうです。

ちなみに幅広いジャンルの雑貨が並ぶなかで、張社長のお気に入りをたずねてみると……
「これです!」と、とびきりの笑顔で見せてくれたのがゴーストバスターズのネオンのオブジェでした。
なんとも言えない表情がたまらないですね。

インテリア雑貨メーカー「DULTON」の商品が豊富な第二倉庫

続いてやってきたのが、第二倉庫!
こちらは海外テイストの日用雑貨を扱う「DULTON(ダルトン)」とのコラボショップです。「DULTON」の商品が並ぶお店は他にもありますが、ここまでの品揃えは北陸でも唯一なのだとか!
青、黄色、赤、そしてシルバー。スタイリッシュながらもかわいらしさのある、魅力的な雑貨が並びます。
第一倉庫と同じように、店舗什器としてのアイテムを探しにくるお店のオーナーさんも多いそう。

第二倉庫の人気のグッズをいくつか張さんに教えていただきました!

★カー用品

「新潟県は車社会なので、特にカー用品は人気ですね。こちらのフレグランスなんかはお土産にもおすすめです!」(張さん)
 

★キャンプ用品

「今はキャンプブームでもありますから、このコーナーを見ていかれる方が多いです。車にキャンプ用品を積むコンテナも充実していますよ」(張さん)
キャンプ用のお皿もかわいらしいし洗いやすそうなので、自宅でも使いたくなります!
 

★園芸用品

「庭をお持ちの方などに、園芸用品も喜ばれています」(張さん)
シンプルな鉢植えの種類が豊富で、どんな家にも似合いそうです。小さい鉢ならベランダ菜園にも使えるかも!
 
ちなみに私は、キッチン雑貨に目が釘付けでした。今までシンプルなアイテムを選びがちだったので、こうしたカラフルなものが食卓にあると良いアクセントになりそうです!

ダイナーで楽しむアメリカンなグルメ

さて、最後にやってきたのがこちら。レストランバーです!
先ほど見てきたようなポップな雑貨が生かされた空間は、アメリカの映画に出てくるダイナーの雰囲気さながら。
倉庫での“宝探し”に疲れたら、ちょっと休憩できる場所があるのがありがたいですよね。

ランチタイムにはビフテキやスペアリブなどが楽しめ、ディナータイムにはお酒でほろ酔い……なんて過ごし方も素敵なのですが、その間のカフェタイムにも味わえる人気メニューがあるということで、作っていただきました。
キューバサンド 単品680円

(山盛りポテトフライとドリンクもセットで1,400円)

すっごく良い香りがします。
そして、ピリ辛でチーズがのびておいしい!!

映画『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』で一躍有名になったキューバサンド。

「BLASTMAN」では、自家製のローストポークが主役です。クミンなどの5種類のスパイスや、にんにく、チーズ、はちみつ、ハラペーニョで辛みやコクをプラスし、たっぷりの野菜と一緒にパンで挟んで香ばしく焼き上げた一品。
ここで熱々のキューバサンドを味わいながらシュワっと冷たいコーラを飲めば、まるで映画の主人公になったような気分になれるはず。

なんとこちらのキューバサンドのレシピを考案したのは、社長の張さんです。
というのも飲食店につとめ、フレンチビストロの経験を積んだのだそうです。その調理技術を応用し、アメリカのダイナーで親しまれるようなメニューをスタッフさんとともに考案されました。

他にも、暑い季節にうれしい冷たいデザートなども充実しているので、さまざまな時間帯に訪れたくなります。

カフェ&ダイナーの営業

ランチ:11:00-14:00(ラストオーダー)
カフェ:14:30-17:00(ラストオーダー)
ディナー:17:00-21:00(ラストオーダー)
バー:21:00-23:00(月曜、金曜、土曜のみの営業)

※バータイムが休みの日は22:00にクローズ
※平日は16:00-18:00の間はクローズ

「ブラストマン」にこめた思い

キューバサンドをいただきながら、張さんにお話を聞きました。
結婚を機に神奈川県からここ新潟県三条市に移住した張さん。街を歩く人の少なさには驚いたそうです。

「BLASTMAN(ブラストマン)」という店名にこめた思いは、ブラストが意味する突風にあります。「人と人をつないで風を巻き起こす、地域のコミュニティとなるお店にしたい」と話してくれました。
第一倉庫には、ビンテージ雑貨と一緒に地元の作家さんのアクセサリーも並んでいます。他にも古着のポップアップイベントを開催するなど、地域に根づいた取り組みが今後も増えていきそうです。

お店で活躍するのは、社長の張さんを含めほとんどが20代のスタッフさん。
店内を歩いていると、和気あいあいとコミュニケーションを取りながらお店づくりをしていることが伝わってきます。

ぜひみなさんも、素敵な空間で“宝探し”をしに訪れてみてはいかがでしょうか

とっておきのインテリア、購入しました

「BLASTMAN」でたっぷりとインテリアを見せていただき、帰宅しました。どうしても連れて帰りたい、かわいらしいお土産があったのでご紹介しますね!

こちら!
ガラスプレートです!!

本物と見間違えるようなピザ。形まで切り分けたあとのピザ!一目惚れしてしまいました。
家でピザを食べるときに使うのが楽しみです。
他にも野菜やフルーツの柄があったので、サラダやデザートを載せるお皿として揃えるのもいいですよね。
BLASTMAN

BLASTMAN

三条市石上1-10-26
営業時間:11:00-20:00(家具・雑貨)
     11:00-22:00(カフェ&ダイナー)
TEL:0256-46-8516(家具・雑貨)
  0256-46-8517(カフェ&ダイナー)

駐車場あり

BLASTMAN

この記事を書いた人
竹内ありす

1995年新潟市生まれ。放送局での番組制作を経て、フリーランスのライター・ディレクターへ。 昭和歌謡と喫茶店、新潟の日本酒が大好き!もの・こと・人にまつわる、魅力あるストーリーをお伝えします。
Twitter→ https://twitter.com/atelier_aliswan