梅護寺の珠数掛ザクラ

ばいごじのじゅずかけざくら

越後七不思議のひとつ

親鸞聖人が出立の際、手にした数珠を路傍の桜の枝にかけ仏法を説いたところ、毎年数珠のように花がつながり垂れ下がって咲くようになったと言われており、世界的にも珍しいものです。越後七不思議のひとつ。

4月末~5月中旬が見頃です。

季節情報

桜の最新状況 終わり
桜のシーズン 4月下旬~5月中旬

基本情報

住所新潟県阿賀野市小島377
交通アクセス●JR信越本線「新津駅」よりタクシーで15分
●磐越自動車道「新津IC」より車で10分
駐車場●普通車:有り
備考国指定文化財(天然記念物)
※昭和2年4月8日指定

問い合わせ先

問い合わせ先梅護寺
電話番号0250-67-2915

このページを見ている人は、こんなページも見ています

このスポットの関連記事

自然に癒される

このスポットの近くでできる体験プラン

新潟・阿賀エリアの体験プランを探す

このスポットから近い宿泊施設

新潟市エリアの宿泊施設を探す