北方文化博物館

ほっぽうぶんかはくぶつかん

建物、庭園、美術品、新潟の美があふれる豪農の館

建物や庭園から美術品のコレクションにいたるまで、新潟の伝統と芸術にあふれる豪農の館。

「北方文化博物館」は、越後の大地主伊藤家の旧大邸宅を保存・公開しています。

思わず息をのんでしまうほどの美しさと豪壮さを備える館は8年の歳月をかけて築かれました。

広大な8,800坪の敷地には主屋、大広間、茶室、蔵といった建物をはじめ、越後が生んだ庭匠(にわしょう)・田中泰阿弥(たなか たいあみ)による池泉回遊式庭園、歴代当主によるコレクションなどの美術品を鑑賞できます。

中庭には、樹齢150年、幹まわり1m60cm以上、一本の木から広がる大藤があります。
開花は4月下旬から5月上旬、甘い香りを放って藤色の花を房状に咲かせます。開花に合わせ、この大藤のライトアップを実施します。

また、11月頃の庭園は、錦の山を移したかのような紅葉に彩られ、100畳敷の大広間から眺める回遊式庭園の彩りは必見。
モミジの朱や黄に松の緑が重なる美しい色の対比をお楽しみいただけます。
紅葉の見頃には庭園のライトアップも実施。ライトアップによって庭園全体の奥行きや立体感も印象的にご覧いただけます。

おみやげ処、喫茶、食事処(予約制)、宿泊施設(予約制)など施設も充実。新潟の歴史と美が詰まった空間をゆっくりとご堪能ください。

藤と紅葉が有名ですが、ほかにも春の桜、夏のハス、冬の雪景色など四季折々の風情ある表情でいつ訪れても楽しめる場所です。

大藤

中庭には、樹齢150年の大藤があります。開花は4月下旬から5月上旬、甘い香りを放って咲く藤色の花を見に多くの人が訪れます。開花に合わせ、行われる大藤のライトアップが空間を幻想的に演出します。

紅葉

11月頃の庭園は、錦の山を移したかのような紅葉に彩られ、100畳敷の大広間から眺める回遊式庭園の彩りは必見。モミジの朱や黄に松の緑が重なる美しい色のコントラストを楽しむことができます。紅葉の見頃には庭園のライトアップも実施され庭園全体の奥行きや立体感も印象的にご覧いただけます。館内は冷え込みが予想されるので暖かい服装でいくことをおすすめします。

季節情報

その他の花の最新状況 終わり
その他の花のシーズン 4月下旬~5月上旬
紅葉の最新状況 今年は黄色が美
紅葉のシーズン 11月中旬

基本情報

住所新潟県新潟市江南区沢海2-15-25
交通アクセス●JR新潟駅より車で約20分
●JR信越本線「新津駅」より車で約10分
●日本海東北自動車道「新潟亀田IC」より車で約10分
●磐越自動車道「新津IC」より車で約10分
駐車場●普通車:400台
●大型車:有り
営業時間●営業時間:4月~11月 9時~17時、12月~3月 9時~16時30分
●定休日:無休
料金●大人:800(700)円
●中小学生:400(300)円
※( )内は、団体20人様以上の料金
※中小学生は日曜・祝日は入場無料

問い合わせ先

問い合わせ先一般財団法人北方文化博物館
電話番号025-385-2001
FAX番号025-385-3929
関連サイト