信濃川やすらぎ堤で「ウォーキングお花見」を楽しもう!/新潟市


2022年04月11日 587ビュー
こんにちは。
「春」×「晴れ」は、無条件でテンションが上がる!単純お花畑ライターの中林けんじです。
 
関東の桜はピークを過ぎましたが、新潟県はこれから桜の見ごろを迎えます。
新潟市内には数多くのお花見スポットがありますが、コロナ禍においては、密を避けながら花見をしたいところですよね。

そこで今回はウィズコロナ時代の新お花見スタイル「ウォーキングお花見」をご提案!
桜が咲き始めた4月上旬、「信濃川やすらぎ堤」を歩きながら、桜の見どころを調べてきました。

信濃川やすらぎ堤を歩こう

日本海に面したみなとまち新潟市は、まちの中心部を日本一長い川の信濃川の終着点。
 
1983年から約20年間かけて信濃川河川敷を整備されて完成したのが「信濃川やすらぎ堤」。信濃川の両岸が、川までの斜面や歩道がきれいに整備されていて、市民の憩いの場として親しまれています。
 
新潟駅から「信濃川やすらぎ堤」までは、徒歩で約15分。
 
約600本の桜の木が植えられていて、いよいよこれから満開の時期を迎える信濃川やすらぎ堤を、ウォーキングしながら楽しんできました。

ここはお花見のマストスポット!白山公園の「空中庭園」

まず絶対におさえて欲しいお花見スポットがココ。白山公園の「空中庭園」です。

いきなり信濃川やすらぎ堤ではないのですが、近いのでウォーキングがてら足をのばしていただきたい場所です。
満開になると桜のトンネルのような景色が楽しめる、人気のスポットです。

また夜にはライトアップがされます。
デートしているカップルに気を付けながら‥

いや、お構いなく元気にウォーキングしましょう!笑
白山公園「空中庭園」

白山公園「空中庭園」

住所:新潟県新潟市中央区一番堀通町
お問い合わせ先:新潟市中央区役所建設課
電話:025-223-7403

やすらぐモニュメント① 新潟市民芸術文化会館(りゅーとぴあ)付近の像

信濃川やすらぎ堤には、お花以外にも楽しめる“モノ”がいくつかがあります。

新潟市民芸術文化会館(りゅーとぴあ)近くにある2体の銅像を発見!
スペイン人のアーティスト、ジャウマ・プレンサの作品です。
木を抱えながら信濃川を眺める2体。
体には世界中の音楽家たちの名前が浮き文字で記されています。
 
この2体に並んで川や桜を眺めていると、自然と心が癒されます。
ジャウマ・プレンサの作品

ジャウマ・プレンサの作品

住所:新潟県新潟市中央区一番堀通町
お問い合わせ先:新潟市中央区役所建設課
電話:025-223-7403

やすらぐモニュメント② 昭和大橋(左岸)のたもと付近のメロディーが流れる像

信濃川左岸の昭和大橋のたもと付近。
2体の像が設置されていて、決まった時間になるとメロディーが流れます。
こちらが一体の像。
メロディーが流れる時間は、8:00、10:00、12:00、13:00、15:00、18:00の6回。
 
ちょうど通りかかったときに鳴ったら、あなたはラッキーです!
ちょっと足を止めて、音楽を楽しみましょう♪
さらに昭和大橋の下には、新潟市立白山小学校の生徒が1990年につくった作品がありました。その名も「やすらぎ画廊」。
 
浦島太郎や桃太郎など、流れるメロディーの演目に合わせた絵となっているので、是非チェックしてみてください。

やすらぎ画廊とメロディーチャイム

住所:新潟県新潟市中央区1丁目
お問い合わせ先:新潟市中央区役所建設課
電話:025-223-7403

新潟県の花、チューリップも楽しめる!

信濃川やすらぎ堤は、新潟県の花「チューリップ」が桜と一緒に楽しめるところも見どころです。

新潟市の小・中学校の児童生徒が植えたチューリップが、桜並木と並行して植えられています。
「げんきにそだってね」
「かれないでね」
 
可愛い字に、ホッコリしました。
この日はチューリップはまだあまり咲いていませんでしたが、4月中旬ころには桜との共演が楽しめることでしょう。
 
信濃川左岸の白山公園付近・昭和大橋付近から萬代橋まで、桜やチューリップ、信濃川の風景を楽しみながら歩きました。

気分が上がるボードウォークが楽しめる「みなと・さがん」エリア

やや桜の木は少ないのですが、是非おすすめしたいエリアがこちら。

信濃川左岸の萬代橋と柳都大橋付近までの場所、通称「みなと・さがん」です。
道が板張りになっていたり、赤くデザインされた柵があったりと、雰囲気が変わって気分が上がります。
信濃川の対岸には朱鷺メッセ、新潟日航ホテル、佐渡汽船。海と川を行きかう船を眺めることができます。
お花だけでなく、港の風景も楽しめます!
みなと・さがん

みなと・さがん

住所:新潟県新潟市中央区下大川前通2ノ町
お問い合わせ先:新潟市中央区役所建設課
電話:025-223-7403

信濃川やすらぎ堤を歩いて健康増進の春

今回ご紹介したコースは、昭和大橋→八千代橋→萬代橋→柳都大橋の4つの橋を結ぶ信濃川左岸のエリアで、距離は約4キロメートルです。
 
今年の新潟市は、4月8日に開花宣言となりました。
信濃川やすらぎ堤の桜はソメイヨシノのほか、サトザクラ、オオシマザクラがあり、比較的長い期間お花見を楽しめます。
今年の春は、桜が咲きほこる信濃川やすらぎ堤で、「ウォーキングお花見」を楽しみ、心身ともに健康増進を図ってみてはいかがでしょうか?
信濃川やすらぎ堤

信濃川やすらぎ堤

場所:新潟市中央区川端町
お問い合わせ先:新潟市中央区役所建設課
電話:025-223-7403

今回訪れた場所

この記事を書いた人
中林 憲司(なかばやし けんじ)

1978年新潟県加茂市出身。サラリーマンからライター&ブロガーに転身し第二の人生をスタート。愛する新潟と人生を探訪中。
「にいがた探訪ブログ」(https://nakabayashikenji.com