大地の芸術祭の舞台、十日町市の魅力を味わうなら必飲!越後妻有発クラフトビールの誕生に迫る!/十日町市


2023年07月16日 2132ビュー

日本酒ではなくて、越後妻有の地でなぜクラフトビール?

妻有ビールは、雄大な山々と清らかな川や水、美しい里山の景色が魅力的な十日町市の松代地域にブルワリーを構え、近隣地域で栽培されている小麦を使い、ホップの栽培にも取り組み、個性豊かなビールを醸造しています。

この地域は”越後妻有(えちごつまり)”とも呼ばれ、大地の芸術祭や文化的なイベントが開催され、多くの人々が訪れます。
地域の芸術や伝統文化はクラフトビールと調和し、訪れる人々に一層の楽しみを提供してくれます。

写真提供:妻有ビール株式会社
新潟といえば日本酒。この地域にも有名な酒蔵がいくつもある中、なぜクラフトビール?
意外な感じがしますよね。
妻有ビールは、高木千歩さんが創業。
高木さんの両親は十日町市の出身。子供の頃から十日町市にはよく訪れていて、孫ターンとでもいうのでしょうか。いつか住んでみたいと思っていたと、、、

2011年から地域おこし協力隊の一員として十日町市に移り住み、2年半ほど地元農産物の魅力を発信し、地産地消をテーマに地域活性化につなげる活動をしました。

クラフトビールとジャズ演奏が好きな高木さんは、協力隊の任期を終えると、
2014年に十日町の街中でシカゴスタイルピザとクラフトビールのお店を共同経営で始めました。
全国各地のクラフトビールを扱い、地元の人にも、観光客にも愛され、
その中で「十日町のクラフトビールはないの?」という声を何度も聞き、地元のクラフトビールを作ってみたいと思うきっかけになったそうです。

それからは、クラフトビール醸造所など十数か所を視察し、勉強を重ねましたが、学べば学ぶほど現実的に難しいとあきらめかけていたところ、
奇跡的な人との出会いと繋がりで、”妻有ビール株式会社” が誕生したのです。

写真提供:妻有ビール株式会社
豪雪ペールエール
めでたしゴールデンエール
十日町そばエール
繋ぐエール
なでしこIPA
玄武ポーター
みんなのエール
妻有の霞


ユニークなネーミングのビールですね。
覚えやすいし、言いやすい!

このような名前になったのは、「カタカナやアルファベットの名前は覚えづらい」という声があったことと、
地域の特徴や魅力を取り入れ、地元の人々や訪れる人々に親しみを感じてもらえるようにしたかったからです。
ビールのラベルは織物産地としても有名な十日町の織物の柄を採用しラベルにしています。
地域の特産品や伝統文化を引き立たせるすばらしいアイディア!!
 
地域おこし協力隊の頃に知り合った農家さんの協力でホップ畑を作り、自社栽培もしています。
収穫時期には収穫イベントでホップを収穫して豪華ケータリングの食事と妻有ビールを楽しむ!
おいしい収穫祭もあります!

写真提供:妻有ビール株式会社
妻有ビールのクラフトビールは味や品質へのこだわりと追求でいくつもの賞を受けています。
事務所に飾られているのを見つけました。
受賞されたクラフトビールを堪能してみたい!
と、いうことで、
定番の”豪雪ペールエール”の量り売りで1リットル購入。 自宅で楽しみました!!
グラウラー¥935とタンブラー¥781は別料金(税込)、量り売りは1リットル¥1463(税込)~

豪雪ペールエールはとにかく美味しい!
麦芽の香りが良く、味に深みがありながらも苦みが少なく、クラフトビール好きはもちろん、初心者にもウケる味。水の良さも関係あるのかもしれません。
1リットルはあっという間になくなりました。

量り売りは、地元の人やキャンプなどに来た人たちが買われるそうです。

妻有ビールはどこで飲めて、どこで手に入るかというと、
地元の飲食店やホテルなどに置いてあるほか、自社HPでオンライン販売もしています。
地域イベントや全国イベントに出店することも。
イベント出店情報は、妻有ビールのfacebookやInstagramをチェックしてみてください!

越後妻有に来たら、
ぜひ、妻有ビールをご賞味あれ!!!

妻有ビール株式会社

営業時間:10:00~17:00
定休日:火・水曜
電話番号:090-1037-4388

イベント出店などでお休みもありますので、量り売りを買いに行く際はfacebookやInstagramでご確認ください

住所:新潟県十日町市太平塚上474-1

ブルワリー近くのおすすめスポット

まつだい駅からブルワリーは徒歩で15分ほど。

まつだい駅道の駅まつだいが隣接していて、道の駅内には観光案内所や特産品売り場、コンビニも入っています。
電車でも車でも、ここには立ち寄っておきたいところ。
駅に入っていくと左手が改札口で、右手が道の駅。
駅は無人駅で改札口は通り抜けできます。

左手の改札口を入ります。
ちょうど、にぎやかでアートな電車がホームに入ってきました!
ホームの先にある地下通路を通って、反対ホームに渡ります。
反対ホーム側にまつだい「農舞台」へ行ける階段、通路があります。
ここから駅の裏の外へ抜けます。
外へ出て、右側に進むとまつだい郷土資料館
豪雪地帯特有の重厚なけやき造りの民家の建物を利用して、松代の暮らしに密着した、雪国の資料や生活用具などを展示しています。
左側に行くと、農舞台とアート作品草間彌生「花咲ける妻有」が見えてきました。
こちらの農舞台へ向かいます。
目的は農舞台内にある越後まつだい里山食堂のランチ。

越後まつだい里山食堂

農舞台に入って二階へ進むと、目にも鮮やかな里山食堂がありました!
一面ガラス貼りで明るく、目の前に自然豊かな山や川、アートを眺めながら食事ができるレストラン。
この日は里山ビュッフェでした。色とりどりの旬な郷土料理が現代風にアレンジされたお品の数々。
里山ビュッフェ(60分制)大人¥2,000、小学生¥1,000、幼児¥500(税込)

里山食堂では、土日祝や繁忙期の平日のランチには里山ビュッフェ
それ以外の日は里山プレート里山カレーなどが提供されています。
さっそく、素晴らしい景色を眺めながら、いただきます!!
私、盛り過ぎですか?
いえ、ちゃんと全部たいらげましたし、おかわりもしちゃいました。
妻有ビール見つけました!里山食堂さんでもいただけます!
ランチ以外にもカフェ利用可。
ぜひ、贅沢な里山の景色とアートに囲まれて、素敵なひとときをお過ごしください。

越後まつだい里山食堂

営業日:通年
定休日:祝日を除く火・水曜日
営業時間:10:00-17:00
(ランチ11:00-14:00/ラストオーダー16:30)

予約できる時間:11:00※予約のない方は順次ご案内となります
電話番号:025-594-7181
住所:新潟県十日町市松代3743-1まつだい「農舞台」内

星峠の棚田

この時期は、田植え後の水を張った棚田が見られる時期なので、星峠の棚田へ行ってみました。
天気もよく、最高の里山の風景!!

星峠の棚田は、まつだい駅から車で20分ほどのロケーション。
電車でお越しの場合も、まつだい駅からタクシーで行かれます。

まつだい駅の裏山も、星峠の棚田までもアート作品が点在していますので、見どころ満載の松代地域です!

松代地域

この記事を書いた人
旅びなか

国内外の旅行会社を転々とし、郷里の新潟県へUターンした二児の母。
今は旅行添乗員をしながら旅行ライター業をはじめました。 好きなことは食べること。
食レポ・体験系、どんどんやっていきます!
※名前の「びなか」は以前に住んでいたフィジーの言葉で「ありがとう」の意味。
(https://www.instagram.com/tt_vinaka/)

PR