新潟の寿司屋が本気をだしたら…ほぼ原価の海鮮丼があらわれた!! 「大漁寿司 見附店」/見附市


2024年03月07日 44420ビュー
皆さん、こんにちは。取材ライターのエムコネです。

何やらSNSで話題騒然のお寿司屋さんを発見……

「オープンと同時に満席」
「マスターの本気度がすごい」
「大・小あるけど小でおなかいっぱい~」


数々の絶賛コメントとともに映るのは、ネタでぎっしりの、海・鮮・ど~ん!

「あぁデカ盛りか~私は食べきれないし無理だな~」なんて思い、最初はあまり気に留めていなかったのですが、投稿される写真をまじまじと見て気づいたことがあります。

この海鮮丼……ただデカいだけじゃないぞ!!


めちゃくちゃ気になる~~!!というわけで行ってきました。

今回は、新潟県見附市にある、「大漁寿司 見附店」をご紹介します。

新潟県のへそ・見附市へ

新潟県のど真ん中に位置する見附市(みつけし)。新潟市中心部からお店までは、高速道路を利用して約50分。北陸自動車道 中之島見附I.Cを降りて下道を約10分走ると、アーケードのある商店街が見えてきます。
開店時間の11時30分に合わせて、続々とお客さんが来店。事前に席やメニューの予約ができるので、予定が分かっている場合は早めに予約をしておいた方がよさそうです。
店内はカウンターと小上がり、そしてテーブル席の個室が1室あります。30席あるお席は、開店と同時に瞬く間に満席に! 

なんと、今春には2階席を設け、席数が倍以上になるとのこと。待ち時間をなくし、より多くの方が気軽に来店できるようにと、リニューアルをされるそうです。
席に着くと、テーブルの上にはメニュー表が。

これこれ、ありました!今回お目当ての「デカ盛り原価丼」。

1日限定10食なので、瞬く間に売り切れとなってしまうとか。こちらがお目当ての方は、事前に予約をしておくことをおすすめします。

そして同店には、この原価丼以外にも、お値打ちなメニューが揃います。

お昼のお品書き人気トップ3
  • 生ちらしランチ(ちらし寿司、茶碗蒸し、味噌汁)…1,300円
  • 寿司ランチ(握り10貫、茶碗蒸し、味噌汁)…1,300円
  • 刺身定食(刺身盛り合わせ、茶碗蒸し、味噌汁、ご飯、漬物)…1,300円

どれもリーズナブルな価格でお寿司やお刺身を楽しめます。近所にあったら間違いなく常連になるな~。

この道37年、寿司職人一筋

開店前の慌ただしい中、海鮮丼を盛り付ける様子を特別に見学させていただきました。

店主の橋本さんは、見附市のご出身。学校を出てから新潟市秋葉区にある「大漁寿司 本店」に弟子入りし、10年間修業をしてこられたのちに、のれん分けで独立。故郷である見附市に自身のお店を構えました。

なお、大漁寿司本店とは、メニューが異なるそうです。
そして、「大漁寿し 見附店」を検索しようとすると「海鮮・寿司処 大漁」という店名も出てきて、ちょっと混乱した私。

お聞きしてみると、正式な店名は「大漁寿し 見附店」ですが、看板屋さんが「こっちがいいだろ~」と外観に「海鮮・寿司処 大漁」という看板を作られたそうで…!それから、名前が2つ存在することになったそうです。
「学校を出てから、手に職をつけるために料理人になろうと思って。たまたまご縁があって大漁寿司の大将にお世話になることになった。最初は皿洗いから始まって、魚の目利き、さばき方、にぎり方、シャリの炊き方、調理の基本、接客ぜんぶを教えてもらったねぇ。自分にはこれしかできることがないから、一生懸命働いたよ。若い時は真面目だったからね(笑)」

カウンターのネタケースには、丁寧に仕込みをされたネタが整然と並べられています。
寿司や海鮮丼に使うネタは、地物を中心に旬の魚介が揃います。職人さんが100尾近くあるであろう南蛮エビの殻を、一尾ずつ丁寧に剥いていらっしゃいました。

色鮮やかに光り輝く南蛮海老の姿からも、その鮮度のよさが想像できますよね…!

毎日市場へ!マスター自らが目利き

基本的に仕入れは、マスターが市場へ行って直接目利きをし、知り合いの仲買人にせり落としてもらうそうです。よく行くのは、お店から車で20分、海のまち出雲崎町にある出雲崎卸売市場。

「魚のアメ横」として人気の寺泊からも、仲買人さんが買いにいらっしゃるのだとか。漁師さんが獲ってきたばかりの、新鮮な日本海の幸がズラリと並びます。
そして市場で買い付けた魚を店に持って帰り、丁寧に仕込みをします。まさに、市場直送!

「魚のおいしさを知ってほしいから、なるべく活魚を使いたいんだよね。魚は鮮度がいいのはもちろん大事だけど、それだけではないからね。光り物なんかは酢で締めたり、寝かせたり。その魚によって一番おいしい食べ方っていうのがあるんだよ」

そろそろお分かりいただけましたか…? 同店で提供するのは、インパクトを狙ったただのデカ盛り丼ではなく、魚の質も仕入れも本気であることを!!

それでは、大変お待たせいたしました。見附新名物?!の絶景をご覧ください~!

マスター、本気だしすぎじゃないですか?

で、で、で、デカーーーーーーーーーー!!!!!

登場とともに、思わず声をだして驚いたのが、「デカ盛り原価丼 大(2,500円)」。

今回、皆さんにこちらのすばらしさをお伝えしたく…朝ご飯抜きで気合いを入れてきましたので、大サイズに挑みたいと思います!
(ちなみに予約時に大で、とお伝えしたところ、マスターにやめといたほうがいいと言われました。笑)

それではデカ盛り原価丼さん、くるりとターンをお願いしますっ!
四方八方どこをみても魚!魚!魚!なんという絶景でしょう。これでもかと、旬の海鮮が盛り付けられています。

この日のラインナップは、
  • 中トロ
  • 南蛮えび
  • ブリ
  • 生さば
  • いわしの酢締め
  • サーモン
  • スルメイカ刺し
  • ホタルイカ
  • スルメイカのウニと蟹味噌和え
  • ネギトロ
  • いくら
  • とびっこ

ネタはその日の仕入れによって、種類と数が若干変わるとのことで、その時だけの旬の海鮮と出会うことができます。ちょっとこれ、豪華すぎませんか?これだけ盛られて2,500円ですよ?!
お味噌汁、お漬物付きです。それではいただきま~す!
見てください、このネタのしっかりとした厚みを…中トロはお口の中でとろけました。
ブリもご覧の通り、お腹のトロの部分で脂がのっています。もちろん、臭み、雑味など一切なく、鮮度の良さが美味しさにも直結しています。
そして、注目すべきところは、魚だけではなく、酢飯も!

お米は、地元である見附産のコシヒカリを農家さんから直接仕入れています。特に、中山間地にある堀溝地区のお米が美味しいんだとか。そしてお米の炊き方、酢飯の合わせ方は、さすが寿司職人の技。酢飯はネタの美味しさを引き立てていて、甘味と酸味が絶妙なバランスです。

そんな美味しい酢飯が桶の中にこんもり!まるでトンネルの掘削工事のように食べ進めていきますが、掘っても掘っても減りませーん!

マスターすみません、仰せの通り食べ切れませんでした…というわけで、別途容器(有料)をいただいて、お持ち帰りにすることに。
そして、写真左が同行のたびきちスタッフがオーダーした「デカ盛り原価丼 小(1,500円)」。

2つを比べると、大サイズの威力がより伝わるでしょうか…そして小サイズが小さく見えますが、先に申し上げておくと、小でも十分デカ盛りです!!

後で知ったのですが、小サイズのご飯で1kgぐらいあるらしいです(笑)大サイズは、その1.5~2倍ほどあるとか…!
同行した女性スタッフは、小を完食しましたが「もう今日の夕飯はいらない…」と言うぐらい、お腹がパンっパンに。

小サイズと言えども、ネタの種類は大と変わらず10種類以上が盛り付けられていました。これで1,500円だなんて…新潟県内でもなかなか見かけませんよ。

いいものを安く提供できるのには、理由がある

ボリューム、おいしさ、コスパという三拍子を兼ね揃えた「デカ盛り原価丼」。思わず「こんなにお値打ちで、お店は大丈夫なんですか?!」と失礼を承知で聞きたくなってしまいました。

「お客さんに喜んでもらえるメニューを提供することで、多くの方が来てくださる。だからこそ、市場でまとめて大量に箱買いすることで仕入れが安くなるし、ネタの回転もいい。だから新鮮なものを毎日仕入れられるし、それをまたおいしいと喜んでもらえる。欲張らずに店が潰れない程度でいいんだよ。お客さんに喜んでもらうのが、一番うれしいからね」

なるほど。マスターのあたたかな心意気を中心に、いい循環ができあがることで、この原価丼につながっているのか…素敵すぎる!
ちなみにお寿司だけでなく、日本酒の品揃えも圧巻な同店。新潟・福島を中心に、マスター選りすぐりの日本酒が数多く揃います。

夜のメニューもお値打ちで、お寿司は1貫から注文できるほか、握りセット(1,500円~)や晩酌セット(2,800円 刺身、焼魚、おすすめ一品、付出、ドリンク2杯)なども。

こだわりのお酒とともに新鮮な魚介を気軽に楽しめると、地元の常連さんをはじめ、夜の部のファンも多いそうです。寿司屋で一杯、粋ですね~!
そしてマスターの本気はお店を越えて、生まれ育ったこの地域へも。

「たくさんのお客さんがうちに来てくれて、そしてこの地域も一緒に楽しんでもらえれば。見附の商店街はシャッター街になってしまったけど、まだまだ頑張っている魅力的なお店もたくさんあるから、この街を少しでも盛り上げられたらと思って。 応援してくれる人たちがいるから、うちも頑張らないとね」

デカ盛り原価丼は、決して見た目のインパクトだけではない、お客さんと地域への想いが盛り込まれた、愛情丼なのでした。

全国に誇る新潟の寿司屋の本気を、ぜひ味わいに訪れてみてください!
大漁寿司 見附店

大漁寿司 見附店

新潟県見附市本町2-2-5
080-8179-1067
昼の部/11:30~14:00※ネタがなくなり次第終了
夜の部/18時~※お客さんが帰るまで
定休日/不定休

大漁寿司 見附店

この記事を書いた人
エムコネ

富山県生まれ、新潟市在住のママライター。 グルメな夫、子鉄の長男、肉食の長女、リアクション芸人の私、の4人家族。 外食費と娯楽費が家計を圧迫していますが、おいしいモノとたのしいコトを求めて日々開拓中!
Instagram : https://www.instagram.com/maconnect2022/