BSN新潟放送のTV&ラジオバックヤードツアー/新潟市


2024年04月12日 586ビュー
「にいがた観光ファンクラブ Niicle(にーくる)」会員限定のプロジェクト「施設の裏側を知る!バックヤードツアー3選」。普段は入ることのできない、プレミアムな体験ができます。

第2回は、新潟市にある放送局BSN新潟放送のTV&ラジオバックヤードツアーへ。普段見ることができないスタジオの内部や、放送に携わるスタッフの仕事を間近で見ることができ、放送の裏側を体験できる貴重なツアーです!テレビ局という「放送の心臓部」を見学することで、メディアに対する新たな理解を深めます。
BSN新潟放送本社へ。参加者に尋ねると、「毎日のように番組は見るけれど、入ったことはない」という方がほとんど。テレビ局っていったいどんなところなんだろう?ワクワクしてきます。この建物の中で、日々どのような放送が生まれているのか、その秘密を探る旅が始まります。
続いて、この日のツアーに合わせて特別に用意された公開スタジオへ。なんと、パーソナリティの立石さんと、リアルタイムのやり取りが発生。巧みに参加者に話題をふり、番組を盛り上げる立石さん。参加者とのやり取りのなかからラジオでかける曲を決めたりなど、番組ファンにはたまらないサプライズも!また、参加者の中から希望者を募り、ゲストとして立石さんとトークも行われました。まさに、今回だけの貴重な体験です。
ラジオの次はテレビスタジオへ。BSNの人気テレビ番組の一つ「なじラテ」の収録中。スタジオセットの中には、普段はテレビの中でしか見れない、出演者のみなさんの姿が。大きな放送機材を自在に操るスタッフ、的確に指示を出す放送ディレクターなど、普段は放送で見ることのない、放送関係者のみなさんの仕事ぶりにも注目。きびきびと無駄のない動きで仕事をするテレビ放送スタッフの緊張感と、スタジオの明るい雰囲気とのコントラストも印象的でした。
番組終了後には、出演を終えたアナウンサーやゲストとの交流の機会も設けられました。テレビ画面を通じてしか見たことがない彼らと直接話すことができるのは、番組ファンにとって忘れられない瞬間です。「これは何のカメラですか?」など、スタッフの方に質問をするお子さんの姿も。
ツアーの最後には、参加者全員で、「なじラテ」スタジオセットの中に入り、記念撮影を行いました。BSNの公式キャラクター、「ハレッタ」がお見送り!上越市出身のアートディレクター、大塚いちおさんがデザインした、人気のキャラクターです。これには子どもたちも大喜び。この一日を通じて、放送の裏側には数え切れないほどの人々の努力と情熱があることを学びました。BSN新潟放送のバックヤードツアーは、放送メディアに対する新たな理解と親近感を深める、非常に貴重な機会を提供してくれました。

今回のツアーで訪れた場所

この記事を書いた人
新潟県観光協会スタッフ

新潟県観光協会のスタッフ。名前はまだ無い。

PR