良寛ゆかりの「国上山(くがみやま)」に登ってみた。/燕市


2019年04月19日 188ビュー
こんにちは。とも です。

良寛ゆかりの「国上山(くがみやま)」。
標高313mの小さな山で、気軽に登れる山ということで人気があります。

運動不足解消の為、先日子ども達と登ってきました。

登山口は国上寺の脇にあるのですが、 車は、国上寺の手前にあるビジターセンターに止めます。
ビジターセンターは国上山中腹にある観光拠点。
無料休憩所、軽食などがありのんびり過ごすことができます。

国上寺は、ここから少し登ったところにあります。
登山口はこの標識が目印。
本堂に続く階段を上ると…
国上山のスタート地点に到着。
本堂の裏側に登山口がありました。
鳥居をくぐって登山開始。

新緑が気持ちいい~♪
あちこちから鳥のさえずりが聞こえます。
道は整備されているので安心して登れます。

思ったより勾配がきつめ…
ビジターセンターで杖を借りればよかった。(;´Д`)
コースの半分ほど登ったところで、休憩ポイント「あか谷みはらし」に到着。
みはらしというだけあって、ここから燕市を一望できます♪
山野草も少しだけ咲いていました。
可愛らしい薄ピンクの「シロバナクモマニガナ」。
カタツムリがのんびり歩いてて踏みそうになった。あせった。
さらに登って山頂に到着!!
登り時間はおよそ30分。
ほんとに気軽に登れるんだなぁと実感しました。

んで。山頂からの眺めですが…
日本海が見えました。天気がよいと佐渡も見えるそうです。
今日は曇り空のため佐渡は見えず。(´・ω・`)

来た道を戻り下山。
戻る途中、分岐点に展望台の案内看板があったので、展望台も行ってみることに。
展望台からの景色は山頂よりきれいだった件。
景色を楽しむならここはオススメです!(´▽`)
ものの10分で下山。
国上寺に戻った後は、五合庵、千眼堂吊り橋を見学しました。

「五合庵」とは、良寛さんが越後に戻ってから約20年過ごした庵。
趣のある建物です。
それにしてもなんてオープンな造り。
セキュリティーとは。

「千眼堂吊り橋」
朝日山展望台と五合庵とを結ぶ長さ124メートルの吊り橋。
思いのほか揺れたのでびびった。
吊り橋を渡ると「朝日山展望台」に出ます。
ちょっとした複合遊具があり、子ども達は大喜び♪
なんだかんだで、いろいろと揃っている国上山。
子どもでも気軽に登れるのでファミリー向けです。

ちなみに国上寺には、素敵な紅枝垂桜があり、それはそれはきれいなんですよ♪
見頃は4月下旬。
ぜひ足を運んでみてくださいね。
国上山・国上寺脇登山口

国上山・国上寺脇登山口

場所:燕市国上
時間:山頂まで約30分
問合:燕市観光協会
電話:0256-64-7630

この記事を書いた人
とも

2児の母。O型。大雑把な性格。おでかけの計画を立てるのが苦手。「何とかなるでしょ」と見切り発車してよく予定がズレこむ。

PR