読書、スポーツ、グルメ、芸術・・・佐渡流 秋のお楽しみ/佐渡市


2020年10月17日 755ビュー

秋の佐渡も楽しいモノ コトたくさん♪

秋本番。いかがお過ごしですか?
GoToキャンペーンも盛り上がってますね。この機会に旅行計画を立てている人も多いのでは。
夏のイメージが強い佐渡ですが、秋もとっても魅力的なのです。
今回は秋の佐渡のお楽しみをレポート!
 

読書の秋 佐渡の秘境に居心地の良い図書空間 鳥越文庫

小佐渡の山奥、知る人ぞ知る「猿八集落」。佐渡住民ですらあまり訪れません。
でも、ここにとっても魅力的な図書館があります。
元早稲田大学坪内博士記念演劇博物館の館長 鳥越文蔵氏が、この地に移住した教え子との縁がきっかけとなり、膨大な数の蔵書を寄贈。
特に伝統芸能に関する書籍が多く、中にはとても貴重な文献も!文化の秘密基地的な場所ですね。
 
館内は自然光が優しい癒しの空間です。窓をキャンバスに季節ごとに美しい緑が彩を演出。
畳の部屋もあり、心地よい風を感じながら、のんびりと過ごせます。
 
周辺は棚田や小川など自然豊か。近くには歴史のある越敷神社もあり、散策するのもおすすめです。
人気の"ポッポのパン"の工場もあります。
鳥越文庫は基本的に無人。隣に管理人さんがいらっしゃるので、何かあれば声をかけてみて。
畑野 鳥越文庫

畑野 鳥越文庫

住所 : 佐渡市猿八329
TEL : 0259-66-2011 
開館時間 9:00~17:00
休館日 : 毎週水曜、毎月第3金曜 ※国民の休日の場合は翌日
     12/28~1/3

両津港至近! 加茂湖一望の絶景図書館

両津図書館は両津支所や公民館もある複合施設の4Fにあります。
昨年1月のオープンなので、新しく綺麗な館内です。
図書館の魅力は、なんといってもそのロケーション。
窓から加茂湖や大佐渡山地が一望。
美しい景色を見ながら本を読んだりレポートを書いたり。なんて贅沢なのでしょう!
日本で一番景色の良い図書館ではないでしょうか(多分)。
図書館の利用は観光客の方も大歓迎♪とのこと
こちらは可愛らしい幼児スペース。
その近くには子どもトイレや授乳室もありますよ。
両津港から徒歩3分程度。窓からは停泊しているフェリーも見えます。
Wi-Fiもあり、PCの利用もOK。飲食が可能な多目的スペースもあります。
(現在は感染症対策のため多目的スペースでの飲食は出来ません)

船までの待ち時間や天候の悪いときなどの利用にもいいですね。
佐渡関連の書籍や資料も豊富なので、旅に役立つ発見もあるかも!?

両津図書館

住所 : 佐渡市両津湊198
TEL : 0259-27-4182
開館時間 : 9:00~17:00
休館日 : 毎週月曜、12/29~1/3、特別整理期間

スポーツの秋 紅葉ハイキングで汗を流そう! 紅葉山公園

スポーツの秋、この時期のおすすめはやはりハイキングですね。
佐渡一の紅葉の名所、紅葉山一帯をぐるっと回ってみてはいかがでしょうか。
公園から遊歩道にアクセス、小佐渡や前浜の景色を楽しめます。
写真は一昨年の公園の紅葉。美しい景色を望めます。
一昨年まで10月の最終週に紅葉山まつりが開催されていましたが、現在はお休み中。
柿剥き大会とか楽しいイベント盛りだくさんのお祭りだったので、いつか復活してほしいなぁ。
 
この春、公園内にできた「幸福の鐘」。
この地に伝わる男神山女神山の話にちなんで作られました。
思いを込めて鳴らしたら、願いが叶うかも!?
紅葉山(公園)

紅葉山(公園)

住所 : 佐渡市丸山

※途中道路工事をしている個所もありますのでご注意ください。

ドンデン高原から秋の大佐渡山地をトレッキング

ドンデン高原も秋の花が咲き始め、そして紅葉が始まりました。
一周2時間ほどのコース。見晴らしは最高です!
もう少し本格的に山歩きしたいという人には、大佐渡縦走はいかが?
金北山の定番ルートだけでなく、ドンデン高原から金剛山や石名天然杉方面に進む内海府側ルートも、この時期良いですよ。

食欲の秋 地元で人気のランチでお腹もココロも満たされよう♪

秋といったらやっぱり“食欲”の秋、ですね♪
一押しは佐渡の食通に人気のときわ館!
メインだけでなく、小鉢もたくさんなのが嬉しいですね。
ごはんは島内でも美味しいと評判の大佐渡山地の麓 平清水産などのお米を使用。
佐渡産の旬野菜もサラダや小鉢で味わえます。
食品ロスをなくすために、店主のアイデアがつまった美味しい品々です。
ボリューミーですが体に優しい味なので、食後は幸福感に包まれますよ。



 
ときわ館は文弥人形などの伝統芸能を受け継ぐ女性だけの団体「ときわ座」の本拠地でもあります。
(写真は島内イベントでの公演風景)
予約をすれば、芝居を見ながらの食事も可能です。
佐渡の文化と食、両方を楽しめると、地元でもとても愛されています。

なおときわ館は、現在諸事情により、営業日や営業時間が変則的ですのでご注意ください。
 
ときわ館

ときわ館

住所 : 佐渡市泉104
TEL : 0259-67-7555
営業時間 現在は11:00~15:00
不定期営業

※Facebookや電話で確認してから来店することをおすすめします。
 

庭園を眺めながら旬のスイーツで幸せに♪

ときわ館で美味しいランチの後は、デザートで佐渡の旬を楽しみませんか?
今年6月オープンし一躍人気の食スポットとなった宿根木のあなぐち亭。
デザートメニューも充実し、この秋にはアフタヌーンティーも登場しました!
フルーツは、佐渡の美味しい果物。この日はシャインマスカットと梨。
1人占めしてスイーツ堪能するのも、友人とシェアして味わってもいいですね。
あなぐち亭は北前船で財を成した「穴口邸」を改装してオープン。
庭園や蔵、貴賓室なども残っているので、当時の栄華に思いをはせてみて。
ビストロフレンチが味わえる夜のコースもあります(平日のみ 予約制)
 
宿根木あなぐち亭

宿根木あなぐち亭

住所 : 佐渡市宿根木402
TEL : 0259-58-7227
営業時間 : 11:00~17:00(夜の営業もあり)
定休日 : 毎週火曜

芸術の秋 ダイナミックな佐渡の自然美を体験

佐渡アートのキャンバスは「自然」!
「日本の夕陽百選」にも選ばれている相川の七浦海岸は、一面をオレンジ色に大海原に溶けていく美しい夕陽が拝めます。
おすすめは佐渡リゾートホテル吾妻の中庭にある「幸せの白いのブランコ」から見る夕陽。
昨年末にできた手作りの木製ブランコで、カップルやファミリーにも人気のフォトジェニックスポットになりました。
ブランコにゆ~らゆら揺られながら、夕陽が織りなすショーをぜひ体験してみて!
 

絶景をパズルで楽しもう♪

アートの話題をもう一つ。
佐渡のPRフォトグラファー 伊藤ヨシユキ氏が撮影した佐渡の風景をパズルで楽しめます。
第一弾の北沢浮遊選鉱場に続き、岩首の昇竜棚田編が発売されました。
秋の夜長、佐渡の地酒を飲みながら、徐々に浮かび上がる絶景を作ってみませんか?
 
空気が澄み、沿道には秋桜など秋の花が風に揺れています。
紅葉はこれから。山は10月下旬、里は11月中旬が見頃です。
新米も出回り、おけさ柿やりんごも今が食べごろ。漁業も定置網漁が再開します。
佐渡、今がいちばん“オイシイ”時期かもしれません。
まだまだ間に合います。佐渡にぜひ遊びに来てください~♪
 

今回紹介したスポット

この記事を書いた人
non

小千谷→東京→朱鷺に惹かれて佐渡移住7年目。オカメインコを相棒に”しなしな”暮らしています。佐渡や新潟の旬、話題、グルメ・・・あれやこれや発信していきます。

PR