柱状節理が美しい!大尾不動滝に行ってみた/阿賀町


2019年06月23日 2632ビュー
こんにちは。とも です。

梅雨入りして天気が読めない今日この頃。
長袖を出してはしまいを繰り返し、なかなか衣装替えが終わりません…。ヽ(`д´;)ノ

先日、晴れ間を狙って阿賀町の大尾不動滝に行ってきました。

場所は、たきがしら湿原へ向かう途中にあります。
左側に大きな看板がでているので、すぐにわかると思います。
駐車場は看板の脇に数台分あります。

看板には徒歩6分とありますが、足場がよくないので靴はトレッキングシューズなど、しっかりとしたものがよいです。
※特に雨が降った後はぐちゃぐちゃになります。

また今ぐらいの時期は虫よけスプレーも必須です。 防虫対策もしたほうが良いです。
左側には小川があり せせらぎ が聞こえます。
道なりにすすむと、ゴツゴツとした岩が見えてきました。
だんだんらしくなってきたー!!\(^o^)/
奥へ進むと、ブナがお目見え。木漏れ日がいい感じです。
ここら辺から少しだけ勾配がきつくなりますがしっかりした靴であれば大丈夫。

マイナスイオンを浴びつつ、もくもくと進むこと数分…

大尾不動滝に到着ーーー!!!
近くで見ると迫力があります。

ここでもマイナスイオン浴びまくり。
眺めているだけで癒されます…。

ちなみに落差は約15mほどあるそうです。
それにしても遺跡感がすごい…

人工的に石が並んでいるように見えますが、実は自然にできたもの。
柱状節理(ちゅうじょうせつり)と呼ばれています。

柱状節理とは、溶岩が冷えて固まる際に生じる規則的な割れ目の断面。
滝によって自然に削られていい感じです。
大尾不動滝の滝つぼは、想像していたよりもこぢんまりとしていました。

滝を堪能した後は「ブナの宿 小会瀬」へ。
こちらは温泉宿なんですがランチの利用もできます。
手打ちそばが人気だそうで、今回は手打ちそばと天ぷらのセットを注文しました。
そばは、地元産そば粉100%使用。
臼挽きしたそば粉をつなぎ無しで仕上げます。
さすが十割そば!!
そばの風味を存分に味わえます!

久しぶりに美味しい手打ちそばをいただきました。
トレッキングした後だから余計に美味しい♡

これからの時期、たきがしら湿原は蛍の飛翔が始まります。
「大尾不動滝」で癒された後、「たきがしら湿原」で蛍鑑賞、そして「ブナの宿 小会瀬」で宿泊するなんてのも楽しそう。

みなさんもぜひ足を運んでみてくださいね。
大尾不動滝

大尾不動滝

場所:新潟県東蒲原郡阿賀町七名乙(大尾区)
問合:阿賀町役場上川支所振興係
電話:0254-95-2211

エリア

新潟・阿賀エリア

カテゴリー

おでかけ

季節

この記事を書いた人
とも

2児の母。O型。大雑把な性格。おでかけの計画を立てるのが苦手。「何とかなるでしょ」と見切り発車してよく予定がズレこむ。