2022年の“寿司はじめ”は人気の回転寿司で食べまくり!「佐渡 廻転寿司 弁慶 佐渡本店」編/佐渡市


2022年01月29日 2837ビュー
年が明けてからずいぶん経ちましたが、本年もどうぞよろしくお願いします。
新年1発目のたびきち。さて何を書こうか。せっかくなら景気よく行きたいなぁ。
美味しいものを食べて今年1年を元気に乗り切りたいという思いを込めて「佐渡の美味しいもの=海鮮」。 となればやっぱりお寿司。
それをリーズナブルな価格で存分に楽しめる回転ずしで食べまくるという、私得な企画に決定!

ということで、今回は佐渡の人気回転寿司店「佐渡廻転寿司 弁慶 佐渡本店 」と「すしや まるいし 本店」での“2022年の寿司はじめ”の模様をお届けします。
きっとこれを読んだら、あなたも佐渡でお寿司が食べたくなる、はず!

こちらは「佐渡廻転寿司 弁慶 佐渡本店」編です。

すしや まるいし 本店」編は下記のリンクからどうぞ

佐渡 廻転寿司 弁慶 佐渡本店

島内のみならず島外でもご存知の人が多いであろう「佐渡の弁慶」という名前。

出発点は佐和田の小さな魚屋。30年前にショッピングセンター「アークプラザ佐渡」内に回転寿司店を出店し、新鮮なお寿司が安価で食べられると評判を呼び人気店に成長しました。
その後新潟、そして東京と展開し大盛況!その名を全国区に広げています。どんどん大きくなっていく弁慶、嬉しいような、遠くに行っちゃったような一抹の寂しさもあるような・・・。
でも弁慶のブランド力を高めているのは「佐渡」というワードなのは間違いない!日本海の離島、美味しい魚が食べられると惹かれますよね。
その原点である佐渡店で、いつでもお寿司を食べられる幸せ♪佐渡在住の特権です!(自慢)

ちなみに「弁慶」の名は、アークプラザ内にある「ホームセンタームサシ」にちなんで名づけられたそうで、てっきりコブダイの弁慶だと思っていた私はちょっとびっくり。
お寿司♪お寿司♪と口ずさみながら、ウキウキで店内へ。
座席はカウンターとボックス、そして小上がり席もあります。
本日のおすすめメニュー。
この日は時化で船が出なかったためいつもより種類が少ないとのことでしたがそれでも十分なラインナップです。
もちろん佐渡産もありますよー。
気になるのはやっぱり「寒ぶり」。年末は記録的な不漁状態で大変でしたが、年が明けてまとまった数が入るようになったそうです。
脂ものっていて美味しいとの声。楽しみ!
店長の若林さん。優しい笑顔と柔らかい接客でもてなしてくださいました。
佐渡生まれで、東京 浅草の有名店「金太楼寿司」で修業をして帰島。弁慶で寿司を握って30年というお店の“顔”です。
オンシーズンはもちろん冬の時期も観光客の方が多く訪れるそうで、せっかく佐渡に来たなら美味しい魚、お寿司を食べてほしいという思いで握っているそうです。
弁慶グループ全体で仕入れているので、新鮮で質の良い魚を安価で提供できるという嬉しいメリットもあります。
なるべく地のものを提供したいという思いで、2月は旬のアンコウを握りでいただけるとか。これはまた来るきっかけができちゃったなぁー。
美味しいネタを美味しいシャリで。シャリはもちろん佐渡産の寿司米。
醤油にもこだわり、地元の醤油店と共同で醤油を開発しました。少し甘めの味わいが、お寿司の味をより引き立てます。
左が弁慶オリジナル、右が市販の醤油。写真だと分かりにくいですが、弁慶オリジナルは茶に近い色合いです。

実食開始!

まずは何から食べよう。ということで、若林さんにも相談し、寒ぶり、南蛮海老(甘海老)、そしてかわはぎを握ってもらいました。

かわはぎは肝がのっていて、またこれが美味なんだな~!
寒ブリ。佐渡の冬の味覚の王様です。何度食べても美味しいと感動します。
例年12月に開催される寒ぶり祭り、ここ2年は残念ながら中止だったので今年こそ再開してほしいなぁ。
佐渡では“南蛮えび”とも呼ぶ甘えびのお寿司。身がプリップリで口の中で弾けます!
こちらはズワイほぐし。
見てください!カニ身の量!1貫だけでもずっしりとした重みです。
見た目にも美味しいバクダン!
赤身と白身の数種類の刺身に納豆をあえています。
その店のレベルが分かると言われる光物、その代表格のアジ。
もちろん佐渡産、もちろん新鮮で美味しいです!
イカの食べ比べ~。
左は歯ごたえ抜群スミイカ。右は柔らかな食感の紋甲イカ。
そして、黒皿に乗って回ってきました ノドグロ!これは食べねば―。
正式名称はアカムツ。高級魚として人気が高いですよね。
佐渡に来たからには絶対に食べたいという人も多いであろうノドグロのお寿司も、500円台で2貫も食べれちゃいます。
 
ノドグロとの対面をしばし楽しんだ後、あ~んと一口でパクリ。白身の絶品な風味が口の中に広がる幸せ!

 
そして、やっぱりこれは外せません。マグロの中トロです。
間違いない美味しさで、味わった後もしばらく多幸感に包まれます。
お店でも1番人気なんだそうです。
マグロは大定番のネタだけに、普段は安定供給が可能な養殖が中心ですが、初夏は佐渡産の天然マグロも入荷するとか!

弁慶の人気ランキング、2位はノドグロ、3位はアジ、4位はバクダン、5位はかわはぎ肝のせ なんだそうです。
全部食べてるー!やったー!
〆はやっぱりお味噌汁。
本日はえび汁とあら汁。出汁がしっかり出ていて体がポカポカ温まります。
お腹いっぱい―。もう食べれない・・・。
そりゃそうです。こんなに食べちゃったんですもの。
でも・・・。甘いものは別腹って言いますよね!
板前さん手作りのほうじ茶ゼリー。さっぱりしたほうじ茶の風味にクリームがほどよく溶け、お口直しにピッタリでした。

いやはや、新年早々幸せな時間を過ごすことが出来ました。
美味しい物は人生を幸せにしてくれます。
今年1年、いいことがありそうな予感♪

弁慶さん、また近いうちに来ますね!
佐渡 廻転寿司 弁慶 佐渡本店

佐渡 廻転寿司 弁慶 佐渡本店

住所 佐渡市東大通833
TEL 0259-52-3453
営業時間 10:30~21:00 ※季節により変動有り
定休日 毎週火曜日

※まん延防止等重点措置により、2月13日(日)まで営業時間や酒類の提供等に変更があります。

様々な食スタイルを提案

現在弁慶グループとして佐渡、新潟、東京に11店舗を展開しています。
立ち食いからバル、高級店まで様々な形態の店舗がありますね。
公式サイトに各店舗の概要が載っています。
注目は、1月14日にオープンした その名も「カニカニランド」!
新潟駅南口に誕生した本格蟹会席のお店です。
蟹を自分で選べる「活蟹コース」やリーズナブルな「茹蟹コース」など、かに、カニ、蟹づくしを堪能できます。

写真協力 株式会社弁慶
扱う蟹はブランドガニ「越後本ズワイ」など新潟県やその近辺で獲れたもの。
赤泊特産の活ズワイガニも味わえますよ。

弁慶佐渡本店でも「佐渡産本ズワイガニ丼」を限定メニューで提供しています。
これも次回のお楽しみだな♪
カニカニランド

カニカニランド

住所 新潟市中央区天神1-12-7 LEXN1 1F
TEL 025-384-0120
営業時間 11:00~14:00 17:00~22:00
定休日 毎週月曜日

※まん延防止等重点措置により、2月13日(日)まで営業時間や酒類の提供等に変更があります。
詳しくは店舗にお問い合わせください。

「佐渡 廻転寿司 弁慶 佐渡本店」「カニカニランド」

この記事を書いた人
non

小千谷→東京→朱鷺に惹かれて佐渡移住7年目。オカメインコを相棒に”しなしな”暮らしています。佐渡や新潟の旬、話題、グルメ・・・あれやこれや発信していきます。