小栗山木喰観音堂

こぐりやまもくじきかんのんどう

見る者に癒しを与える微笑仏

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当面の間、17日の開帳日および牛の角突き開催日のみの拝観となります。
全国を旅しながら微笑仏と呼ばれる木造の仏様を彫り続けた木喰上人は1803年(享和3年)、85歳で二度目の越後を訪れ、小栗山観音堂で三十三体の観音像と行基菩薩・大黒天像を彫りました。人を喜ばせたいと願い、笑顔の仏様を彫り続けていた木喰上人はこの頃、ようやく自分でも満足できる微笑を彫ることが出来るようになったということです。ここには木喰上人の傑作が大切に守られ、毎月17日にご開帳されます。
(ただし、11月~4月までの冬期間については拝観できません。)

基本情報

住所新潟県小千谷市小栗山/木喰観音堂
交通アクセス【車でお越しの場合】
●関越自動車道「小千谷IC」より車で約30分

【公共交通機関でお越しの場合】
●JR上越線「小千谷駅」近くの「小千谷駅角」バス停より路線バス「小千谷ー浦柄ー岩間木ー塩谷線」で20分、「女滝」バス停下車後、徒歩で20分
駐車場小千谷闘牛場の駐車場をご利用ください。
営業時間●営業期間:5月~10月

【ご開帳】
●開催日:毎月17日、牛の角突き開催日(5月3日(月),6月6日(日),7月4日(日),8月14日(土),9月5日(日),10月3日(日),11月7日(日)に開催)
●時間:9時~15時頃(牛の角突きの終了時刻により多少前後する場合があります)
料金●拝観料:300円
(賽銭箱にお納めください。)
ロケ実績2018年9月16日放送NHK「日曜美術館」
備考※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当面の間、17日の開帳日および、牛の角突き開催日のみの拝観となります。
※冬期間(11月~4月)は積雪により拝観できません。

問い合わせ先

問い合わせ先小千谷観光協会
電話番号0258-83-3512
FAX番号0258-83-0871
メールアドレスkanko@city.ojiya.niigata.jp
関連サイト

このページを見ている人におすすめの記事

このスポットの近くでできる体験プラン

長岡・柏崎エリアの体験プランを探す

このスポットから近い宿泊施設

中越北部(長岡・柏崎・小千谷)エリアの宿泊施設を探す