満願寺稲架木(はさぎ)並木

まんがんじのはさぎなみき

 稲架木は、稲架場にたも木やハンノキを植えて、稲の乾燥に利用する新潟県特有のものです。
 満願寺の稲架木並木は、昭和18(1943)年から20(1945)年にかけて同地区の水田約250ヘクタ-ルを区画整理したときに26軒の関係農家が協力して各地の稲架木をこの農道へ移植したものです。
 農業の機械化が進み、籾(もみ)の機械乾燥が広く普及して県内各地の稲架場が次々と姿を消していく中で、同地区は種籾採取の指定を受け、良質の種籾を取るために自然乾燥に必要な稲架場として残されました。
 指定が解除された後も、所有者と農家組合が協力して稲架木の保存に努め、新津の風物詩として今日にいたっています。

基本情報

住所新潟県新潟市秋葉区満願寺
交通アクセス<電車>
●JR信越本線「新津駅」より徒歩で30分
<車>
●磐越自動車道「新津IC」より車で5分
駐車場

問い合わせ先

問い合わせ先新潟市秋葉区産業振興課
電話番号0250-25-5671
FAX番号0250-22-0228
関連サイト

このページを見ている人におすすめの記事

このスポットの近くでできる体験プラン

新潟・阿賀エリアの体験プランを探す

このスポットから近い宿泊施設

新潟市エリアの宿泊施設を探す