来年もお楽しみに!秋の一大イベント「GOSEN KNIT FES」~高校生プロジェクトレポート~/五泉市


2022年01月14日 1675ビュー
皆さんこんにちは!五泉市観光協会のスタッフです。

五泉高校の生徒さんとのコラボ記事、
今回は11月に開催された「GOSEN KNIT FES」での「高校生プロジェクト」をレポート記事にしていただきました。
それではどうぞ☆


こんにちは!私たちは、五泉高校でビジネスを学ぶ3年生です。
この記事が今年度、私たちの最後の記事となります。
 
と、いうことで、五泉市の一大イベントである「GOSEN KNIT FES」での私たちの取り組みについてご紹介したいと思います!
今年度は終わってしまいましたが、これを読んで、ぜひ来年度お越しください!!
 
私たちは「広告と販売促進」という科目を学んでいますが、その実践活動として、「GOSEN KNIT FES」で配布する【ノベルティ制作】を行いました。
また、【Knit-Light-Art(ニットライトアート)】という残糸やハギレを使ってまちを彩るという企画にも参加させていただきました。
今回はこの2つの企画をご紹介します!

ノベルティについて♪

11月の「GOSEN KNIT FES」に向け、2か月ほど前から準備を始めました。
まずは、五泉ニット工業協同組合の方々と、どんなノベルティにするかを話し合いました。
『タッセルはどう?』『ポンポンは?』『アクリルたわしを作ってみたいなぁ』と様々な意見がありましたが、多数決で今年度はコースターを作ることに決定しました!!

が、ここで問題が。
「広告と販売促進」の科目を選択している33人中編み物ができる人は2人だけ…
『どうしたら沢山のコースターを効率良く作れるか』試作を重ねた結果、「まきまきコースター」が完成しました!!
 
このノベルティは、毎年、ニット工場で余ってしまった残糸を使って制作しています。
「まきまきコースター」は、何種類か糸を組み合わせ、台紙にひたすら巻き付けていくというもの。
台紙となるのは、厚紙とクリアファイルをドーナツ型に切り抜いたものです。
厚紙だけでは水に弱いのでは・・・ということで、クリアファイルではさむことにしました。
↑クリアファイルを切り取る作業

この台紙に残糸をひたすらくるくる巻いていきます。
ただ巻くだけでは、コップを置いたときに傾いてしまうことが分かり、糸の偏り具合を調整したり、より喜んでいただけるような糸の組み合わせにしてみたり。
糸にも細いものから太いもの、起毛したふわふわの手触りのものもあれば、ハリのあるある糸まで、実にさまざまでした。
試行錯誤しつつ楽しみながら作りました!
カラフルな糸も多く、どれにしようか迷いながら、楽しんで巻き付けました。
↑台紙にまきまきしている様子
 
完成したコースターは、メッセージカードと共に梱包しました!!
↑梱包されたコースター

作業は、①厚紙班 ②糸準備班 ③糸巻班 ④包装班 ⑤仕上げ班 ⑥かぎ針を使いコースターをつくる編立班
に分かれて行いました。
コースターは全部で310個作成しました!!
(例年より手間がかかり、目標より少なくなってしまいました・・・)
完成したノベルティは、「GOSEN KNIT FES」で2箇所以上まわり、アンケートをご提出いただいた方へ渡しました。
ノベルティの配布は、1日目は1・2年生、2日目は3年生が担当しました!
↑当日のノベルティ配布の様子
意外にも、派手な色のものが人気で、最後はグレーのコースターが残っていました。
ご家族やご友人と盛り上がりながらお気に入りの1つを選ぶ姿を見て、モノを提供する喜びを感じることができました!

Knit-Light-Artへの参加♪

これは、ニットフェス期間中に残糸やハギレを使ってまちを彩るという企画です。
企画をしたのは、『五泉ニットフェスを盛り上げたい!』と集まった有志のメンバーだそうです。

ノベルティの他に、こちらの制作もお願いされ、
私たちはペットボトルを切って、そこに好きな糸をぐるぐる巻き付け、ボンドを2度塗りして作るランプシェード作りをしました!
完成したものは一見地味に見えましたが・・・
ライトを入れると印象が変わり、映えランプに!!

会場の五泉八幡宮も綺麗に彩られていました。
ライトアップされると一気に華やかになり、大勢の方が見に来られていました!
 
悪天候のため、残念ながら予定より早く終わってしまいましたが、商店街やニット工場にも置かれ、ニットフェスならではの温かい雰囲気に包まれました。
 
私たちの関わりはこの2つでしたが、他にも素敵な面白い企画がありました!
普段は見ることができない「ニット工場見学(オープンファクトリー)」や「製作体験」。
当日はニット製品も販売していました。
他にも商店街でニットフェス限定のおもてなしをする「オープンストリート」、
ハンドメイド作家さんたちが作ったニットの雑貨・小物を販売する「五泉ニットクラフトマルシェ」などなど盛りだくさんでした!

私たちが、「高校生プロジェクト」でフェスに参加させてもらい、4年が経過します。
その間にフェスがどんどん大きくなり、パワーアップしていくところを目の当たりにし、五泉ニットの偉大さを感じています。
遠くは沖縄、東北から来場される方もおり、『五泉いいねー!』と言ってもらえる、
五泉ニットを合言葉に多くの人が集まる、ホントに素敵なフェスです。
2022年も「高校生プロジェクト」を後輩に受け継ぎ、より素敵なノベルティを制作したいと思います!!
タッセルから始まったノベルティですが、コンプリートしてくださってる方もいるでしょうか!?

次回のニットフェスは、2022年11月開催予定です。
このブログで知ってくださった方も、リピーターの方も、
次回の「GOSEN KNIT FES」にぜひぜひお越しください!
 

ちなみに・・・

2022年2月6日(日)に五泉市のホテル「ガーデンホテルマリエール」にて、
五泉ニットの販売会を実施するそうです!
お気に入りの一着を見つけるチャンスです。
開催日時や詳細情報は、「五泉ニット工業協同組合」HPに掲載されますので、チェックしてみてくださいね!

読んでくださった皆さん、ありがとうございました!

↑今までの取材メンバー&協力店舗

五泉高校の生徒さんとのコラボ記事、あっという間に最終回を迎えてしまいした(´・ω・`)
 
これまで市内のローカルなお店をご紹介してきましたが、いかがでしたか?
『五泉市に行ってみたい!』と足を運ぶきっかけとなれば幸いです♪
 
読んでくださった皆さん、ありがとうございました!
きっと次回も新しい取材メンバーと五泉市を紹介できることを祈って、
次回もお楽しみに☆
この記事を書いた人
五泉市観光協会スタッフ

ひゃんでいいまち五泉市!とっておきの見どころや旬な情報をお届けします。