林泉寺

謙信公の祖父である長尾能景が、父・重景の菩提を弔うため明応6年(1497年)に建立した寺院。
ここで謙信公は名僧・天室光育(てんしつこういく)の厳しい教えのもと、7~14歳までを過ごしました。
戦国の武将の中でも教養が高く、信仰心が厚い謙信公の素養はこの時期に培われたといわれています。
上杉氏に替った堀氏も菩提とし、後に高田藩主も厚く保護しています。
惣門(市指定文化財)は春日山城から移築したといわれ、山門は鎌倉時代の和様と唐様を取り入れた大正時代の名作です。また、山門に掲げられる「第一義」の扁額は、謙信公の自筆(現在掲げられているものは複製、実物は境内の宝物館にて保管)のものです。
墓所には、謙信公の墓や川中島合戦の戦死者の供養塔などがあります。

基本情報

住所新潟県上越市中門前1-1-1
交通アクセストキ鉄・妙高はねうまライン「春日山駅」より徒歩30分、車で5分
頸城バス「林泉寺入口」下車すぐ
北陸自動車道「上越IC」より15分
上信越自動車道「上越高田IC」より20分
駐車場無料駐車場大型バス10台・普通乗用車30台駐車可能
営業時間営業時間 10:0~16:0
拝観受付は15:30まで

定休日 毎週水曜日
料金1名:小・中学生 250円 大人 500円  25名以上:両方 1割引き  100名以上:両方2割引き
備考荒天時には予告なく閉門となる場合あり。

問い合わせ先

電話番号025-524-5846
FAX番号025-525-5006
関連サイト

このページを見ている人におすすめの記事

このスポットの近くでできる体験プラン

妙高・上越エリアの体験プランを探す

このスポットから近い宿泊施設

上越(上越・妙高・糸魚川)エリアの宿泊施設を探す