光の館

ひかりのやかた

自然の中で、光と向き合う時間を過ごす

3年に1度の世界最大級の国際芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」の舞台となる、越後妻有地域(新潟県十日町市・津南町)を「大地の芸術祭の里」と呼んでいます。
ここでは、1年を通して、地域に内在するさまざまな価値をアートを媒介として掘り起こし、その魅力を高め、世界に発信し、地域再生の道筋を築くことを目指しています。その成果発表の場となるのが、3年に1度開催される「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」です。

「光の館」は、光のアーティスト ジェームズ・タレルの作品。越後妻有の伝統的な家屋であり、重要文化財「星名邸」をモデルに、瞑想のためのゲストハウスとして構想されました。タレルはこの構想を、谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』の中から見出し、伝統的な日本家屋における親密な光に、自らが制作してきた光の作品を融合させました。越後妻有の豊かな自然の中、さまざまな光と向き合う時間をお過ごしいただけます。

基本情報

住所新潟県十日町市上野甲2891(ナカゴグリーンパーク)
営業時間通年:作品見学4/1-10/30 11:30-15:30(最終入館15:00)、11/1-3/31 11:30-15:00(最終入館14:30)
料金【見学料金】 中学生以上 600円 / 小学生 300円

問い合わせ先

電話番号025-761-1090
関連サイト