春日山神社

かすがやまじんじゃ

山形県米沢市の上杉神社より分霊され、謙信公を祭神に祀った神社です。
明治34(1901)年に、童話作家・小川未明の父・小川澄晴によって創建されました。
日本近代郵便の父・前島密も援助したといわれています。
直線的でがっしりとした神明造の社殿は見応えがあり、境内に隣接する春日山神社記念館には、謙信公の遺品・資料などが展示されています。
また、小川未明の『雲のごとく』の詩が刻まれた石碑や、童話をモチーフにした石像なども見ることができます。

秋にはカエデを中心とした木々で赤や黄に染まる春日山城跡や春日山神社。
特におすすめは、紅葉のじゅうたんに目を奪われる春日山神社の境内。また、春日山城跡の二の丸跡にあるイチョウの木も見どころの一つです。

季節情報

紅葉の最新状況 落葉し始め 大イチョウ見頃
紅葉のシーズン 11月上旬~12月上旬

基本情報

住所新潟県上越市大豆1743
交通アクセス●トキ鉄・妙高はねうまライン「春日山駅」より徒歩で40分
●北陸自動車道「上越IC」より車で15分
駐車場●普通車:約30台
営業時間【春日山神社記念館】
●営業時間:9時30分~16時30分
●定休日:12月1日~3月31日
料金【春日山神社記念館】
●大人:200円
●小中学生:100円
※20名以上2割引
備考【初詣】
例年の参拝者数 約4,000人

問い合わせ先

問い合わせ先春日山神社
電話番号025-525-4614
関連サイト

このスポットの関連記事

初詣 みんなが行ってるパワースポット10選

このスポットの近くでできる体験プラン

妙高・上越エリアの体験プランを探す

このスポットから近い宿泊施設

上越(上越・妙高・糸魚川)エリアの宿泊施設を探す