4/18 150万本のチューリップ見頃継続中!五泉市巣本は見ごろ/五泉市


2024年04月19日 2416ビュー
新潟県はチューリップの切り花出荷量が全国ナンバー1の地。県内各地でチューリップを育てていますが、中でも、五泉市は県内有数のチューリップの産地なんです。

そんなチューリップを見て楽しんでもらおうと、五泉市では生産者に依頼してチューリップの畑を巣本地区の1ヶ所に集め、チューリップまつりを開催しています。

チューリップまつりは4月14日で終了してしまいましたが、五泉市役所の農林課さんに問合せをしたところ、チューリップはまだ見れるとのこと。

いてもたってもいられず、現地へ行ってきました!
会場はこちらの地図を参考にしてください。
※連作障害を避けるため、毎年微妙に畑の場所が変わります

普通車の駐車場は2か所あります。
まつりが終了しているので、現在はどちらでも止めることができます。
黄砂の襲撃でどん曇り。。。

空は真っ白ですが美しいチューリップに出会えました!!
カラフルなチューリップが一面に広がり、まさにお花の絨毯です。
こちらでは実に多種多様のチューリップを楽しめます。

ちなみに、このくすみピンクのチューリップは「サーモンファンアイク」という品種。
色味がすごくきれい...。思わず自分の庭にも植えてみたくなりました。
ふんわりとした姿が可愛らしいこのチューリップは「オックスフォード」という品種。
2色咲きのチューリップです。黄色がさし色になっていて綺麗ですね。
こちらは「アメリカンドリーム」という品種。
だいぶ開ききってしまっていますが、これはこれで可愛いですね。
どこを撮っても絵になるとは、まさにこのこと。
実はこれらのチューリップの花は、散る直前に摘んでしまいます。
球根を太らせるため、早めに摘みとらないといけないのだとか。

現在、早生の品種の摘み取りが終わっており、全体の1割ほどの花が摘み取られています。
今後のチューリップの摘み取りの予定ですが、4月22日以降、中生の品種の検査があり、検査が終わり次第摘み取りが始まります。
こちらのチューリップのように、まだつぼみが多い品種もありますが、4月21日までに行かれることをおすすめします。

ちなみにこちらは「アップスター」という品種。八重咲チューリップです。
とても可愛らしいですね。
最後に、畑で見つけたかわいいチューリップ。
ピンクの中に1つだけ赤い子が...。

みなさんもぜひお気に入りのチューリップを見つけてみてくださいね。
五泉市巣本

五泉市巣本

場所:新潟県五泉市巣本地区 一本杉地内
問合:五泉市農林課
電話:0250-43-3911

エリア

新潟・阿賀エリア

カテゴリー

おでかけ

季節

この記事を書いた人
とも

2児の母。O型。大雑把な性格。おでかけの計画を立てるのが苦手。「何とかなるでしょ」と見切り発車してよく予定がズレこむ。

PR