燕は釜めしのまち!?釜めし松月(しょうげつ)へ行ってみた/燕市


2019年05月25日 436ビュー
こんにちは。とも です。

燕市と言えば背脂ラーメンを思い浮かべる方も多いと思いますが、 実は釜めしのまちでもあるんです。

燕市には祝い事などのハレの日に釜めしを食べる風習があり、 その歴史は古く、昭和30年代から根付いたと言われています。

今回は、燕市で一番最初に開業した釜めし屋「釜めし松月」にお邪魔しました。

平日のお昼時にお邪魔したら駐車場が満車!(゚□゚*)
人気のほどが伺えます。

お店の裏にも駐車場があるとのことなので車を停め店内へ。

席があるか心配になりましたが、席数は十分にあるようで、 すんなり座ることができました。
メニューはこんなかんじ。
どれにしようか迷う!!!!

とりあえず初めてなので、五目釜めしにしました。

釜めしは注文を受けてから炊き始めるので、時間がかかります。
時間は、混み具合にもよりますが25分少々。

ちなみに私たちが行ったときは約40分かかりました。(;´▽`A“

なので時間が無い時はおすすめできません。
急ぎの場合は事前に連絡をしておくと良いと思います。
釜めしの蓋を開けると、ふんわりといい香り。

お腹がすいているのでがっつきたいところですが、ここは辛抱。
まずはしゃもじで釜めしをほぐします。
じゅうぶんにほぐれたら、茶碗によそっていただきます。

とっても美味しいです!!待った甲斐がありました!
おこげの部分も香ばしくて美味しい♪

釜めしのご飯はコシヒカリを使用。
絶妙な炊き加減で、お米は芯までふっくらでした。

現在、燕市で釜めしが食べられるお店は10店舗。
みなさんもぜひ食べてみてくださいね。

釜めしマップはこちら
釜めし 松月

釜めし 松月

営業:11時~14時、17時~22時
定休:月曜日
場所:新潟県燕市桜町227
電話:0256-62-4075

エリア

弥彦・三条エリア

カテゴリー

グルメ
この記事を書いた人
とも

2児の母。O型。大雑把な性格。おでかけの計画を立てるのが苦手。「何とかなるでしょ」と見切り発車してよく予定がズレこむ。

PR