冬を楽しもう!!その2~冬の贅沢!雪見温泉「加茂美人の湯」/加茂市


2021年02月09日 747ビュー
皆さんこんにちは!
加茂市観光協会スタッフです。

寒い冬、あったか~い温泉でのんびりくつろぎませんか?
「加茂美人の湯」は名峰粟ヶ岳を間近に望む日帰り温泉。
入館料(大人800円・小学生300円・小学生未満は無料)にはタオルセット貸出が含まれますので、何も持たずに立ち寄れます。
もちろんおひとり様も大歓迎!!

大浴場に露天風呂、また家族だけでゆっくり温泉を楽しむことができる家族浴室もあります。
この温泉は、天然温泉が湧き出ており、健康効果や疲労回復に効果があると言われています。
疲れた身体に気持ちいい~。

小さなお子様連れのご家族は、個室や家族浴室のご利用はいかがでしょうか?
赤ちゃんの温泉デビューにちょうどいいかも。
※ 個室使用料(12畳 税込2,000円~・24畳 税込4,000円~)
 
※ 家族浴室使用料(1回 税込1,000円)
 
300畳の大広間で粟ヶ岳を眺めながらゆったりくつろげます。
お天気が良い日は、こんな風に粟ヶ岳がはっきりと見えます。

大広間でくつろいでいた市外から来たという二人組の男性にお話しを聞いてみました。
「よく来るよ。ここの温泉は熱すぎないのでずっと入っていられるし、あがった後もいつまでもポカポカと身体があったかくていい。加茂駅からバスに乗ってこられるしねぇ。」
同じく大広間で楽しそうにおしゃべりしていた団体さん。
「職場のOB会で月一回ここに集まる。車で来る人とバスで来る人と半々かな。集まるのにちょうどいい場所。」
大広間の真ん中がレストランになっています。
今日は、冬におすすめ!スタッフ一押し!「カキフライ定食」をいただきました。
粟ヶ岳を眺めながら海のカキ…外はサクサク、中はプリプリ!!
大きいカキが4個も入っていてなかなか食べ応えがあります。
ご飯は地元七谷産のコシヒカリ、ご飯の甘みを感じます。
寒い時期は、ラーメンやヒレカツ丼、ブリカツ丼なども人気だそうです。
 
こちらは、全国最年少で「現代の名工」にも選ばれた渡辺文彦さんの組子建具「春待つ粟ヶ岳」。
加茂美人の湯のオープンにあわせて制作していただきました。
ガラスに反射して見えづらいかもしれませんが、近くに寄ると組子を組み合わせて模様ができているのがわかります。ぜひ直接ご覧ください。
 
リフレッシュルームでマッサージ(100円~)。

 
特産品コーナーでは、お菓子や木工品など加茂市の特産品が購入できます。
加茂市は木工のまちということで、子ども用の積木や玩具もあります。
友好都市の伊豆大島町の特産品もあります。お土産にいかがですか?
特産品コーナーで人気の山長ハムさんの「おつまみベーコン」と京家さんの「鬼の金棒(かりんとう饅頭)」です。
 
無料のシャトルバスが市内を走っていて、加茂駅でも乗り降りできます。
※ 無料シャトルバスは令和3年2月28日(日)まで運行。

「加茂美人の湯」は、現在新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、金曜・土曜・日曜・祝日のみ営業しています。

また、令和3年3月1日(月)から3月31日(水)まで休館し、4月にリニューアルオープンの予定です。
オープンの様子は春になったらお知らせします!!

2月中はまだまだ雪見温泉を楽しめます。
美しい景色を眺めながらゆっくり温泉につかって疲れた身体をリフレッシュしませんか?
加茂美人の湯

加茂美人の湯

住所:新潟県加茂市大字宮寄上13番地1
電話:0256-41-4122/FAX:0256-41-4125
Mail:kouryu@city.kamo.niigata.jp


「加茂美人の湯」近くのアットホームな雰囲気のファミリーゲレンデ「冬鳥越スキーガーデン」。
あったかい温泉の前に思いっきり雪遊びを楽しんでみませんか?
冬鳥越スキーガーデン

冬鳥越スキーガーデン

住所:新潟県加茂市大字長谷186番地7
電話:0256-53-6020(FAX同じ)
Mail:kintai@city.kamo.niigata.jp

この記事を書いた人
加茂市観光協会スタッフ

北越の小京都・加茂の旬な話題やおススメ情報をご紹介します。

PR