のってたのしい列車「海里」で日帰り鉄道旅満喫


2021年03月18日 3150ビュー
鉄道好きの人を「鉄分が高い人」と言ったりしますが、鉄分がちょっと高いぱせりが、「海里」に会いに行ってきました!
JR東日本新潟支社所属のリゾート列車は、「SLばんえつ物語」「越乃Shu*Kura」がありますが、「海里」は新潟で製造された新しい車両です。ディーゼルハイブリット車両なので環境に優しい。
以前のきらきらうえつも好きでしたが、海里のオレンジと黒のカラーリングもステキ!
新潟発→酒田行き、2号車(コンパートメントシート席)に乗り込んで、まずは車内探検です。
コンパートメントシートは座席を引き延ばして、フルフラットで使えます。
こんな感じ。
コンパートメントシート席の脇には通路が続いていて、通路の窓も大きめ。
欲を言えば、寝台列車みたいに、通路に引き出し式の椅子があったりするとよかったなあ、なんて。
トイレもバリアフリータイプで広い!
1号車(リクライニングシート席)を抜けて運転席の後ろは、椅子はないですがサロン空間なので、前面展望がお好きな方はこちらへ。
3号車は売店とイベントスペースで、こちらでは記念スタンプも押せます。
海里オリジナルお土産は、ここだけでしか売っていないので、欲しい人は忘れないように。
桑川駅ではおよそ20分の停車で、駅の外に出ることができるので、横断歩道を渡って、階段下の波打ち際に行くのもオススメです。向こうに見えるのは粟島!
桑川駅には、道の駅笹川流れ(夕日会館)が併設され、お土産も売っていますが、海里停車中に、ちょっと塩っぱい「special日本海ソフトクリーム」もオススメなんですよ。展望台もあり、みんな堪能するには20分では足りない!急ぎ足!
道の駅笹川流れ(夕日会館)

道の駅笹川流れ(夕日会館)

住所:村上市桑川891番地1
電話:0254-79-2017
各施設は季節により営業時間が変わります。
外部トイレについては、24時間利用可能です。

施設内容
駐車場 50台(大型車2台、普通車46台、身障者用2台)
公衆電話/お手洗い/物産販売・観光案内センター
レストラン/展望台

笹川流れでは、海里はスピードを落とします。風景を楽しみながら・・・
じゃーん!


予約注文して車内で受け取りする海里特製弁当は、新潟のお土産で有名な「新潟加島屋」の「加島屋御膳」!!!ご飯が多いかなと思いきや、ご飯のお供が多すぎて、むしろ足りないくらい。美味しいいいいい。
4号車は旅行商品で買う席なので入れませんでしたが、もっと豪華なお食事がついていたりします。座席も全く違った配置なので、いつか体験してみたいところですね。
楽しんでいる間に、酒田駅到着~。
​ここからは、帰るまでのちょっとの時間、酒田観光に出発。
山居倉庫

山居倉庫

住所:山形県酒田市山居町1-1-20
酒田市観光物産館「酒田夢の倶楽」、庄内米歴史資料館が併設
開館時間 9:00~18:00
※12~2月の閉館時間17:00
定休:酒田夢の倶楽は1月1日

問い合わせ先:(一社)酒田観光物産協会
電話:0234-24-2233

舞娘茶屋 相馬樓 竹久夢二美術館

舞娘茶屋 相馬樓 竹久夢二美術館

住所:山形県酒田市日吉町1丁目舞娘坂
電話:0234-21-2310
営業時間:10:00〜17:00(※舞娘観賞14:00〜要予約)
定休:水曜日・年末年始

入樓チケット(見学)大人1000円・学生500円他
演舞鑑賞・舞娘記念撮影チケット(要予約)大人1800円・学生1000円他

お天気がいいと、帰りにきれいな夕日も見られますよ。
​(これはきらきらうえつに乗ったときの写真でした)
カエリもカイリ!笑

※1「きらきら日本海パス」は2021年11月30日までの設定です。
※2 列車の運転日、時刻は変更になる場合があります。ご利用の際は最新の時刻表でご確認ください。

立ち寄ったところ

この記事を書いた人
小柴ぱせり

72年新潟市生まれ、99年結婚、夫婦二人暮らし。イラスト描きます。 読書、創作、映画、音楽、演劇、着物など、文化系多趣味で、ちょっと?鉄子。企画運営好き。 15年-18年は信州暮らし。
https://314musubiya.9nzai.net/